| Home | 過去ログ |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2006年11月 全部 | 前のページ | 次のページ

  外国の人はどの様なキーボードを使ってるのでしょう
Date: 2006-11-01 (Wed)
Photo: キーボード
写真1 日本語キーボード 拡大
メーカー、型番: Logicool Standard Keyboard iK-20WH

 きのう(2006/10/31)パソコンのキーボードのことを書いていて、ふと思ったことです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そのキーボードを買うときの条件は次の3つでした。

  1. インターフェースがUSBであること(相手のパソコンにはPS/2インターフェースが無いため)。
  2. 値段が安いこと。
  3. スペースキーの横幅が短くて、スペースキーの左右に無変換・変換キーがあること(写真1)。←※1

 この3点だけ注目して、パソコンショップの棚に積み上げられいている何種類かのキーボードの中から希望のものを選びました。そして、選ぶ条件の中には「日本語であること」は入っていませんでした。これは、自分の心の中で「日本語であることが当然すぎる条件」だったからです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そこで思ったことですが、日本で暮らしている外国の人は沢山いるはずです。その人達はどの様なキーボードを使って、どの様にして文字を入力いるのでしょうか。

 韓国語、中国語、アラビア語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語など。自分が注意していないだけなのかも知れませんが、パソコンショップの棚を見ても外国語のキーボードを見た記憶がありません。みんなアルファベットで入力しているのでしょうか。謎です。


※1:
 上で「スペースキーの横幅が短くて、スペースキーの左右に無変換・変換キーがあること」と書いたのは、私の日本語入力の方法がローマ字や仮名ではないからです。

 親指シフト入力[google.co.jp]を使っています。個人的にはこの入力方式が最も日本語に適した方法だと思っています。

△


| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ
サイトマップ