| Home | 過去ログ |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2007年2月 全部 | 前のページ | 次のページ

  大阪市内←→奈良(個人的なメモ書きです)〓その1〓
Date: 2007-02-01 (Thu)

 この文章には背景を全く書いていないので、読んでくださった方は何のことやら全く判らないと思います(すみません)。これは、2007/01/31に書いた奈良に行った用事のことに関する私のメモ書きです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

●移動時間見積

  1. 自宅 → 最寄り駅(徒歩) → 天王寺駅(地下鉄谷町線): 29分
  2. 天王寺駅 → JR天王寺駅(徒歩+電車待ち): 12分
  3. JR天王寺駅 → JR奈良駅(電車): 35分
  4. JR奈良駅 → 神殿停留所(奈良交通バス) → 目的地(徒歩): 30分
  5. 移動時間合計: 1時間46分
  • 上記の時間見積は、朝夕の電車の運転本数が多い時間帯である。
  • 上記1-3項について帰りの時刻を調べると次のとおり。
  • 夜9時にJR奈良駅から自宅に向かうと、自宅最寄り駅着は夜10時08分
  • 夜9時30分にJR奈良駅から自宅に向かうと、自宅最寄り駅着は夜10時47分
  • 夜10時にJR奈良駅から自宅に向かうと、自宅最寄り駅着は夜11時27分
  • 夜10時30分にJR奈良駅から自宅に向かうと、自宅最寄り駅着は夜11時38分

●考察
 時間(数値)から見ると自宅から通うことは可能かも知れないが、現実的には毎日のことになるので非常に厳しいと思う。

 大阪から奈良に向かうのは一般の通勤とは逆コースになるので、JRに乗車している時間は席に座ることが可能と思われる。

 奈良に移り住むか: 今まで大阪市内で暮らしていて、その便利さに染まってしまっているので今更奈良に住むことはギャップが大きすぎる(これは自分のアホなこだわりなのかも知れないが)。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

●以前のことの再現があるかも知れない
 以前、兵庫県・三田(さんだ)に出向して仕事をしたときにも同様の経験をしたことがあった。装置の製作上の都合で新三田の工業団地へ通うことになった(会社としては出張扱い)。

 その工業団地は、JR新三田駅からバスで20分ほどのところ。バスはあると言っても朝夕も本数は少ない。そして、JR新三田駅行きの最終バスは夜8時。それ以降はタクシーで駅まで移動することになる。

 一緒に働いている多くの人は三田周辺から通っていて大半が自動車通勤だった。大阪市内から通っているのは自分だけ。そして最終電車の都合で遅くても夜9時45分には会社を出ないと自宅にたどり着けない。周りの人は自動車通勤だから最終バスや最終電車のことは気にしていない。だから、遅くまで会議や仕事をしている。自分だけ早く帰ることは非常に申し訳なく思い、肩身の狭い思いをした。

 職場からJR新三田駅に行くにもタクシーを呼ぶ必要があり、会社の規則では公共交通機関が無い場合はタクシーで最寄り駅まで移動した交通費は会社が支払うことになっている。

 ある日、上司のご機嫌伺いばかりしている人が「タクシー代を節約するために相乗りしましょう」などと言い出した。そんなことを言い出した人がいるから、自分の仕事が終わっても帰ることもできず、相乗りする人を待つため無駄な時間を費やすことになった。

 自分はそれが嫌で嫌でたまらなかった。仕事を終えたらサッサとその場を離れて、自分一人の時間が欲しかった。仕事を終わった後もタクシーという密閉された空間で職場の人といるのが嫌だった。とにかく早く一人になりたかったから自腹で中古のスクーターを買って工場と駅を往復していた。

 上に書いた奈良のところも、こんなことの再現になるかも知れない。それなら、はじめからお断りする方が自分の人生のためによい気がする。


サイト内関連記事【 2007/02/02 】

△


| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ