| Home | 過去ログ |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2007年6月 全部 | 前のページ | 次のページ

  銭湯へ行った=定休日だった。 ラーメンを食べた=味も接客も最低だった。
Date: 2007-06-04 (Mon)

 阪神電車西宮駅から北へ300メートルほど進んだ左手に「双葉の湯(兵庫県西宮市分銅町)」という銭湯があります。5月はじめ頃、その銭湯の前を通ったときに様子を眺めると「温泉」と書いてありました。そして、インターネットで調べてみると本当の温泉らしいです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

●「双葉の湯」へ行ってみた。定休日だった
 先週の水曜日(2007/05/30)に行ってみました。ところが、「双葉の湯」は水曜日が定休日でした。---調査不足--- 初めて訪れる銭湯だったのでドキドキ・ワクワクしながら行ったのですがガッカリでした。

●ラーメンを食べた。味も接客も最低だった
 その銭湯に向かって右手、道路の角にラーメン店があったので晩ごはんを食べることにしました。そのお店は入り口のすぐそばに4人がけのテーブルが一つあり、その奥はカウンター席です。4人がけのテーブルにはお客さんが座っていましたが、カウンターにはお客は誰もいませんでした。

 入るといきなり店員さんから「一番奥の席に行ってください」と言われました。その瞬間、「客も入っていないのに座る場所まで指示するのか?」と思いつつ、言われたとおり一番奥の席に着きました。---「カウンターへどうぞ」とだけ言うのが普通だと思う---

 テーブルのメニューを見てもゴチャ・ゴチャ書いてあって何を注文すれば良いのかわかりません。そこで、店員さんにお店のお薦めを尋ねたところ「夢ラーメン」と言われました。

  • 私: 「そしたら、夢ラーメンをお願いします」
  • 店: 「はい。わかりました」
  • 私: 「それと、餃子を二人前」
  • 私: 「餃子二人前ってかなりの量ですか?」
  • 店: 「えー、それは、、、一人前が6個ですから」---答えになっていない答えと思った---
  • 私: 「まあええか。二人前お願いします」
  • 店: 「はい。わかりました」
  • 店: 「ご注文は以上でよろしいでしょうか
  • 私: 「はい」

 しばらくしてラーメンが出てきましたが、コッテリ・ドロドロ・塩辛いスープでした。麺は細いのですが非常に硬く、美味しい具合にゆでられていない様に思いました。そして、煮卵が一つ丸ごと入っていたのですが、パクっと食べると半熟の黄身は冷えていました。スープに入れる直前まで冷蔵庫に保管してあったものと思われます。

 ラーメンを食べていると餃子が来ました。店員さんが餃子のお皿をテーブルに置いて、

  • 店: 「ご注文は以上でよろしいでしょうか
  • 私: 「はい」

 餃子は「一つ一つ手作りしています」と書いてありましたが、ごく普通の味でした。

 食べていると再び店員さんが伝票を持って来ました。そして、

  • 店: 「伝票です」
  • 店: 「ご注文は以上でよろしいでしょうか
  • 私: 「はい」

 何度も「ご注文は以上でよろしいでしょうか」を繰り返すお店です。客が食べている最中に「ご注文は以上でよろしいでしょうか」と尋ねられると、客は食事を中断して返事をしなくてはなりません。まったく配慮に欠ける接客です。

 私はうどんもラーメンもスープは全部戴くようにしていますが、このお店のスープは残しました。再びこのお店に訪れることは無いでしょう。

△


| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ