| Home | 過去ログ |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2007年6月 全部 | 前のページ | 次のページ

  純喫茶三輪の招き猫さんを触りに行きました。Sweda社製のレジスターが健在でした
Date: 2007-06-05 (Tue)

 最近、憑き(つき)が落ちてきていると感じたので大阪・船場センタービルの純喫茶三輪(みわ)の招き猫さんの頭を触りに行きました。なお、純喫茶三輪は船場センタービル9号館の地下2階にあり、開運招き猫さんのことは2007/04/10に書いてありますのでご参照ください。

 お店のオバチャンに「エエコトあるように猫さん触りに来てン」、「この猫さんの頭触ったらほんまにエエことあンねンで」と言いつつレジ右側の猫さんの頭を触らせてもらいました。これで明日から沢山のラッキーにめぐりあうことができるでしょう。

●アンチークなレジが動いていた(Sweda社製レジスター)
 珈琲を戴いていると、レジのところから「ゴトゴトゴトゴト」と低い音がしました。「もしや?」と思い眺めると、アンチークな機械式レジが動いていました。

 お店のオバチャンに「このレジ今でも使えンのン?」とたずねると、「使えるで。スウェーデン製やで」と言っていました。レジの背中にはSWEDAというロゴがありました。

 おそらくこのレジスターは、お店が開店したときから現在まで売り上げを勘定し続けているのでしょう。船場センタービルができたのは大阪万博の年、1970年。純喫茶三輪の歴史は判らないけどおそらく船場センタービルの開業と同時でしょう。すると、SWEDA社製のレジスターは36年間も動き続けていることになります。素晴らしい耐久性です。

sweda レジスター|レジ[google.co.jp]

△


| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ