| Home | 過去ログ |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2007年8月 全部 | 前のページ | 次のページ

  大阪城温泉に行きました。よいお風呂屋さんでした
Date: 2007-08-06 (Mon)
Photo: 大阪城温泉
写真1 大阪城温泉 拡大

 きのう(2007/08/05)は、いつもとちがう銭湯へ行きました。

普段訪れている銭湯のほとんどが午後2時半から営業開始です。「午前中から営業しているところは無いかな?」とインターネットで調べると、「大阪城温泉」という銭湯が午前6時から営業しいることが判りました。

"大阪城温泉"[google.co.jp]

 この銭湯は大阪ビジネスパークの近くにあります。自宅からは少し遠いのでスクーターに乗っていきました(写真1)。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

●4階建ての銭湯
 この銭湯は4階建てのビルで、各階は次のようになっています。

  • 1階: 月極駐車場です。
  • 2階: フロント(番台)と食堂です。カウンターや座敷の広間で食事ができます。エレベーターで男湯へ移動します。
  • 3階: 男湯です。
  • 4階: 女湯です。

●自動販売機で料金を払う
 初めての銭湯だったので勝手が分からずドキドキしました。階段で2階へ上がると自動販売機があります。ここで入浴料を払います(大人390円、サウナ100円)。

 そして靴を下駄箱に入れて番台へ進みます。自動販売機から出てきたレシートを番台へ渡してエレベーターで3階へ行こうとしたところ、番台のお姉さんから呼び止められました。

●ブーメランを渡された
 下駄箱の木でできたカギを預かられて、その代わりにサウナ料金を支払った人の目印として黄色のバスタオルと全長15センチほどのブーメラン状のプラスチックの板(首から下げられるように紐が付いている)を渡されました。このブーメランの両端は内側方向にクチバシのような尖りがありました。
 何の説明もなくこのブーメランを渡されたので一体何に使うものなのか判らなかったのですが、これはサウナにはいるための扉のカギであることが後になって判りました。サウナのドアは外開きでノブがありません。ノブの位置にスリットが空いていて、そこにこのブーメランを差し込んでクチバシ状の尖りで引っかけてドアを開ける仕組みです。

●いろいろな種類のお風呂
 風呂場は沢山の風呂がありました。塩風呂、水風呂、薬湯、打たせ湯、トロン風呂、寝ころんで入る風呂、座って入る風呂、スチームサウナ、ドライサウナ(有料)など。そして、水風呂の壁には「この水は飲めません」と注意書きしてあったのは面白かったです。---飲む人がいたのかな?---

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 いろいろなお風呂を楽しんで、サウナと水風呂を行ったり来たりして1時間半ほど過ごしました。そして、服を着て2階のフロントへ。アイスクリーム(110円)を食べて帰宅しました。

 なかなか良いお風呂屋さんでした。

△


| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ