| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2009年01月

全部 | 前のページ | 次のページ


  ディジタル写真4ヵ月計画(その1=作業机購入<地獄偏>)
Date: 2009-01-25 (Sun)

 2009/01/24は作業用の机・椅子・引き出しの中古品をとっても安く買えたのでHappyでした。いつもディジタルカメラを持ってウロウロしているので、この机達を買うときもカメラバッグにPENTAX K20Dと交換レンズを4本いれて持っていました。

 思っていたよりも良い物を安く買えたのでとっても幸せな気分でした。買い物を終えた後、寒かったけどスクーターに乗って大阪・南森町周辺の路地裏の写真を撮りに行きました。何のためらいもなく南森町2丁目辺りの歩道にスクーターを止めて周辺を散策、気に入ったところをパチ・パチ写真を撮っていました。そして、粉雪が降ってきたのでスクーターのところまで戻ることにしました。

 路地を抜けてスクーターを止めている広い歩道へ出ました。距離はあるけどスクーターまで一直線の位置です。その時、モスグリーンの服を着たオッサン2人組が私のスクーターから離れていくのが見えました。

 「なんやろ?」、「あれは交通監視員か」、「駐車違反の取り締まりしてんのか」と思いつつ私のスクーターに近づくと、なんとバックミラーのところに黄色い紙が巻き付けてありました(下の写真1)。

Photo: 駐車違反
写真1 駐車違反
撮影日: 2009/01/24

 せっかく机を安く買えたと喜んでいたのに何と言うことでしょう。


 サイト内関連記事【 ディジタル写真4ヵ月計画(その1=作業机購入<天国偏>) 】

| 固定リンク |

  ディジタル写真4ヵ月計画(その1=作業机購入<天国偏>)
Date: 2009-01-24 (Sat)

 2009/01/13の続きです。本格的にディジタル写真のRAW現像にトライするため作業スペースが必要になりました。作業スペースといってもパソコンで行うので机・引き出し・椅子の3点セットがあればOKです。

●欲しい物のイメージ
どの様なものが欲しいのかはイメージしていました。具体的には次のとおりです。

  • : なるべくシンプルなもので、多くの職場にあるような平机(平デスク)。あるいは、板に足がついただけのもの。
  • 椅子: 長時間するわこともあるので少し良いもの。
  • 引き出し: 本やノートが収納できれば可。多くの職場にあるようなワゴン式引き出し。

●どこで買いそろえればよいか
「さてこれらをどこで買うか。できれば安い方が良い」と思案しても直ぐに「この店」というのが思いつきません。お昼休みのに何人かに尋ねてみたところ、コーナン、ニトリ、大塚家具という人が多かったのですが、自分のイメージとしてこれらのお店はあまり良いものを置いて無さそうな気がしました。

 そして夕方、別の人に尋ねてみたところ「それやったら中古の事務机を売ってる店を探してみたらどうや」とヒントをくれました。

●中古オフィス家具を扱っている店
インターネットで自宅から比較的近いところで中古の事務机を売っている店を検索したところ、この店がヒットしました[google.co.jp]。ここは楽天にも店を出しているのでインターネットからも注文できます。

●椅子は汚れている場合があるので心配だった
インターネットで購入することには抵抗は無かったのですが、ただ一点だけ不安がありました。それは椅子です。椅子は座面や背もたれ部分に布を用いられていることが多いので、汚れたり破れていたりしないかが気になりました。そこで、お店に電話をして尋ねてみることにしました。

  • : インターネットで検索して電話したのですが、机とか椅子をインターネットで注文して、届いたものが傷だらけでボロボロっていうことはありませんか。---ずいぶん失礼なことを直球で聞いたなあーと思ってます---
  • : 中古ですから全く傷がないということはありません。
  • : インターネットでは傷がある部分は写真に撮して載せています。
  • : でも写真と実際の物ではイメージが異なる場合もありますので、お近くであれば現物を見てもらって、納得して購入してもらう方が店としても良いです。
  • : 配達もしてもらえますか。
  • : はい出来ます。

●買い物リスト
思っていたより丁寧な受け答えだったのでこの店で現物を見て購入することにしました。既に欲しい物を決めているのでお店の人に説明して何点かを選んでもらい、その中で気に入った物を買うことにしました。

  • : 自分のイメージとピッタリの物があったので直ぐに決まりました。サイズはW1400*D700*H700、14800円(消費税込み)。
  • 椅子: 5000円程度のものから何万円もするものまであったので少し思案した結局、中古ですが少し良い物をと思ってイトーキのバーテブラチェアにしました。18900円(消費税込み)。背もたれ部分の布に一カ所だけ釘で引っかけたようなほつれがありますが、問題ない程度だったのでこれに決めました。下の写真(中)が現物の写真です。
  • 引き出し: お店の人に「引き出しは物が収納できれば良いので安ければ安いほど良し」と伝えたところ、少々日焼けしてて、天板部分が外れてしまう(内側の爪が割れているため固定できない)品があるのでそれだったら安くするとのこと。←自分でネジ止めすれば解決できる程度のものです。現物を確認して即決しました。5800円(消費税込み)。
  • 送料: 5540円(消費税込み)。
  • 値引き: ▲2054円円(消費税込み)。

 総額43000円で机・椅子・引き出しが揃いました。新品を買うよりも3分の1程度の額で納めることができたので良い買い物ができました。

●中古オフィス家具を買うときのまとめ
中古オフィス家具を買うときのポイントをまとめてみました。

  1. 一度お店に電話してみる。応対が悪かったらやめた方が無難。
  2. インターネットで注文するよりも現物を自分の目で確かめて買う方が良い。
  3. 欲しい物の具体的なイメージを持っておく。
  4. どの程度の傷であれば許せるかを決めておく。
  5. 自分の希望することをお店の人に伝える。
  6. 欲しい物が決まったらお金を払ってサッサと帰る(安くて良さそうな物が沢山あるので、見ていると買ってしまうから)。

Photo: 平机(平デスク)

Photo: バーテブラチェア

Photo: 引き出し(3段ワゴン)


 サイト内関連記事【 ディジタル写真4ヵ月計画(その0) 】

 サイト内関連記事【 ディジタル写真4ヵ月計画(その1=作業机購入<地獄偏>) 】

 サイト内関連記事【 机、椅子、引き出しをセットアップ 】

| 固定リンク |

  ディジタル写真4ヵ月計画(その0)
Date: 2009-01-13 (Tue)

 今年は本格的にディジタル写真をはじめようと思っています。昨年のうちにカメラのボディーと単焦点レンズ3本をそろえました。今年(2009年)はPhtoshop CS4を使って画像のディジタル処理を勉強します。

 これは通称RAW現像というディジタル処理ですが、昨年のうちに多くの人はどのようなソフトウエアを用いているか調べてみました。Flickrに写真をアップロードしている方のEXIFデータを丹念に調べた結果AdobeのPhotoshop CS3を使っている人が圧倒的多数だったので、私もPhotoshopを使ってみるつもりです。それ以外にRAW Therapeeも使うつもりです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 RAW現像を始めるにあたり、今使っている机が手狭なので机をひとつ購入したり、パソコンが旧世代品なので処理速度が期待できないのでパソコンを買い換えたりする必要があります。

 まずは、机の手配、パソコン関係の手配、ソフトウエアの手配、セットアップと順を追って進めると実際に作業できるまではだいぶ時間がかかりそうです。

  1. 事務机(机、椅子、引き出し)の手配。
  2. ディスプレーの手配。
  3. パソコンの手配。
  4. ソフトウエアの手配とインストール。

 今月から始めると、作業ができるのは早くて4月頃になりそうです。


 サイト内関連記事【 ディジタル写真4ヵ月計画(その1=作業机購入<天国偏>) 】

| 固定リンク |

  今宮戎の屋台でとっても美味しい「おでん」にめぐり逢いました
Date: 2009-01-12 (Mon)

 2009/01/11に大阪・今宮戎神社へお参りした帰りに、屋台でとっても美味しい「おでん」にめぐり逢いました。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 今宮戎神社から難波まで約800メートル。道路の左右に沢山の屋台が出ているので、これを見て歩くのが毎年の楽しみです。

 屋台を見て歩いていると、「おでん」がとっても美味しそうに見える店がありました。1メートル×50センチくらいのおでん用の四角い鍋に大根、牛すじ、ゴボウ天などが濃い色をした出汁の中から頭を少しだけ出していました。そこは、軒先に「おでん」や「サザエの壺焼き」などがあって、奥は座って食べられる少し広めの屋台です。

 そこの「おでん」がとっても美味しそうに見えたのですが、

  • 美味しそうに見えてるけど、これは客を引き寄せるためのおとりに違いない。
  • 実際に注文したらこれとは違ったマズイおでんが出てくるのだろう。
  • あぶない・あぶない。だまされないようにしよう。

と、考えて横目で見て通り過ごすことにしました。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そして屋台を覗きながら難波まで来たのですが、あの屋台の「おでん」が気になって仕方ありません。『ダマされたつもりであの屋台の「おでん」を食べてみよ』と考えて、再びその屋台まで戻ることにしました。

 「おでん」の番人は白衣を着たおじいちゃんでした。

    わたし
    この「おでん」ものすごく美味しそうやなあー。
    おじいちゃん
    うん。---少し無愛想な返事---
    わたし
    これいくらやのン。
    おじいちゃん
    セットで1200円。---やっぱり無愛想な返事。おじいちゃんは下を向いて、トングで「おでん」の具を触っていました---
    わたし
    ---1200円と聞いてビックリ。ご祝儀相場か・・・---
    (一瞬ためらったけど)そしたら、一つちょうだい。
    おじいちゃん
    ---急に明るく大きな声で---
    はい!お一人さんご案内。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 席に案内され、しばらくすると「おでん」が運ばれてきました。あのおじいちゃんの鍋からピックアップされた「おでん」達でした。
それは、発泡スチロール製の小さな船に入っていて、大根・ジャガイモ・厚揚げ・卵・こんにゃく・ゴボウ天・牛すじ、辛子が乗っていました。どれも小さめサイズですが、しっかりと出汁がしみこんだ色をしていました。

 「おでん」を運んできたお姉さんに「缶ビールも1つお願いします」と言ったところ、即座に「全部で1800円になります」と返事。缶ビールが600円か・・・と思いつつお金を払いました。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 美味しそうに見える「おでん」ですが正直なところ、この時点では味を期待をしていませんでした。まずビールを飲んで、それから「おでん」を口にしました。

 まずは大根から。箸で大根を挟むようにして割ると、中まで出汁がしみこんでいました。そして、口へ。予想に反してふんわりとした食感と出汁の味が美味でした。

 次はジャガイモ。これも箸で割るとホロっと2つに割れました。これも中心部分まで出汁がしみこんでいます。口にすると、ふっくら・ホッコリと美味しいお味でした。

 そして次は牛すじ。これは串に刺さっています。食べるとよく煮込まれているからか、とろんと溶けるような食感でした。

 こんにゃく、卵、厚揚げも同様に美味しく戴きました。厚揚げは出汁がしっかりとしみこんでいるにもかかわらず、炊きすぎによる巣もありませんでした。

 少々値段が高かったけど屋台でこんなに美味しい「おでん」にめぐり逢えるとはとってもラッキーなことです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 えべっさんは9日、10日、11日で、この「おでん」にめぐり逢えたのは最終日、11日朝ですから、しっかりと出汁も濃くなり、具にも味が十分にしみこんでいたのでしょう。残り福でした。

| 固定リンク |

  今宮戎、残り福
Date: 2009-01-12 (Mon)

 えべっさん、大阪・今宮戎へお参りしました。11日なので残り福です。


Photo: 福娘 えべっさん

Photo: 今宮戎

Photo: 今宮戎

写真: 今宮戎 (福娘・お賽銭箱・ドラ)
撮影日:2009/01/11

 この日、とっても美味しい「おでん」を食べることができました。そのことは、2009/01/12に書くことにします。

| 固定リンク |

  地下鉄谷町線・中崎町駅一番出入り口の向かい側
Date: 2009-01-06 (Tue)

 お正月休みに天五中崎通商店街をウロウロしていたら更地ができていました(下の写真)。場所は、地下鉄谷町線・中崎町駅一番出入り口の向かい辺りです。

 ここは長いこと雑草が茂った空き地だったけど更地になっているので建物が建つのでしょう。

 昨年(2008/12/28)に大阪・京橋に吉本の京橋花月[yoshimoto.co.jp]ができたけど、個人的にはこの更地の辺りに花月を作って欲しかったです。そしたら、天神橋2丁目の落語の殿堂、天満天神繁昌亭とここが繋がって商店街の活性化にもなったかもと思ってます。

Photo: 地下鉄谷町線中崎町駅1番出口付近

| 固定リンク |

  ビルの横から飛び出した空中オフィス
Date: 2009-01-05 (Mon)

 初詣の帰りに天神橋2丁目あたりを歩いていて、とても変わったビルを発見しました。そのビルは下の写真のとおり、ガラス張り2階建ての部屋が元々のビルの2階あたりから横に腕を伸ばしたように飛び出しています。

 場所は、大阪市・東天満1丁目東です(国道1号線沿いの北側。ビルの西側は幅5メートルほどの道路を挟んでガソリンスタンド)。まだ建築中らしくフェンスで囲われていました。

 いったい何のために。単に目立つためなのか? 建坪率の制約を微妙に逃れるためなのか?

 ガラス張りの室内なので梁の様子が見えますが、ビル本体から斜め下方向に梁が延びていてこれで下方向の荷重を支えているようです。もし地震が揺ったら上下方向はこの梁で耐えられるけど、左右方向の揺れだったらどうなるのでしょうか。

 これからこの辺りを通った時の要注目するポイントです。


Photo: ビルの横から飛び出した空中オフィス

Photo: ビルの横から飛び出した空中オフィス

Photo: ビルの横から飛び出した空中オフィス

Photo: ビルの横から飛び出した空中オフィス

Photo: ビルの横から飛び出した空中オフィス

写真: ビルの横から飛び出した空中オフィス
撮影日:2009/01/03
撮影場所:大阪市北区東天満1丁目東

| 固定リンク |

  日本のホスティングサービスは内容の割りに値段が高すぎる
Date: 2009-01-04 (Sun)

 このページ(2008/12/21)に少しだけ書いたことですが、このWebサイトのサーバーを関西からアメリカ西部のレンタルサーバー(ホスティングサービス)に引越させました。

 引越の理由は、Webサイトの維持管理費用を少しでも安くしたかったからです。わたしのWebサイトは写真が多いため全容量が600MBほどあります。この容量で独自ドメインが可能な安価なホスティングサービスを国内で探してみたところ3000円/月程度でした(ただ、国内でも300円以下のところもありまたが、怪しすぎるのでパスしました)。

 色々と検索して調べてみると、ある方のWebページに「アメリカのホスティング会社は容量とサービス内容の競争が激化していて価格も非常に安い」と書いてありました。そこで比較検討した結果、結果的にアメリカの会社と契約することになりました。ここは、容量が100GB、メールボックスが500個、その他色々付属して約$6/月です。

 Webサイトのドメインの設定、メールアカウントの設定、DNSの設定は全て英語なので不安はありましたが、さほど難しいことは書いてありませんでした。ネットワークのことやLinuxのことを知っていれば良く出てくる単語ばかりだったのでとまどうことなく設定できました。そして、回線のスピードも我慢できないほど遅くはありませんでした。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そこで思ったことは、「日本のホスティングサービスは内容の割りに値段が高すぎる」ということでした。日本のホスティングサービス業者はセキュリティー面で日本のサーバー方が信頼度が高いとか言いますが、ごく一般的な企業や個人が要求するレベルであれば日本もアメリカも大した差はないです。日本の企業や個人が国内のサーバーを用いる理由は、設定や問い合わせのめの英語に不安があるからだけでしょう。---わたしみたいに実際にやってみたら意外と簡単だと判るはずです---

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 日本のホスティングサービス屋さんは、客に不安感をあおることによって引き留めようとしたり、より高いサービスに移行させようと企んでいるところが多数あると思います。少なくともわたしが昨年(2008年)仕事の関係で打ち合わせしたという会社はそれでした(いらっしゃった営業さん(半分技術屋さんか)のレベルがあまりにも低すぎただけで実際は素晴らしい企業なのかも知れませんが・・・)。

 ここの会社の方がいらっしゃった時、わたしは何も知らないド素人のふりをして話を聞いていたのですが、いろいろと不安をあおることを説明して高価なサーバーに入るように誘っていました。黙って聞いていましたが、あまりにも「セキュリティー、セキュリティー」とウルサいので

  • 『御社のどういうところが他社さんと違って優れているのですか』と尋ねたところ、
  • 「ルーターでセキュリティーを高めています」とのことでした。
  • そこで再び、『具体的には?』と尋ねたところ、
  • 少々詰まりながら「不要なポートを塞いで・・・」という答えでした。

---こんなこと初歩の初歩、当たり前の事やん(と思ったけれど、口には出さず「ホォー・ナルホド、難しい専門的な技術が必要なンですねェ」と言っておきました)---

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 日本の業者は上に書いたような営業手法で客を獲得しているところが多いと思います。そこで、ふと思い出したことが2008/02/26にKDDIとGoogleが発表した日米間光海底ケーブル「Unity」の共同建設協定のことでした。

 報道発表によると、この海底ケーブルは2010年1月頃に開通予定です。これが完成するとアメリカにサーバーを置いていても回線速度が速くなる可能性があります。そうなると、日本のホスティング会社はアメリカとの競争になるため中途半端な規模で、客に不安をあおって飯を食っているだけの会社は自然淘汰されることでしょう。

Fig: 日米間光海底ケーブル「Unity」
● KDDIやGoogleなど6社は2008/02/26、日米間光海底ケーブル「Unity」の共同建設協定を締結したと発表した。共同建設するUnityは最大容量7.68Tbps(7,680Gbps)の海底ケーブルで、2010年1月〜3月の運用開始を予定している。
| 固定リンク |

  大阪天満宮へ初詣に行きました
Date: 2009-01-03 (Sat)

 大阪天満宮へ初詣に行きました。毎年のことながら、お正月はとても混雑しているので新年のご挨拶をする程度でした。

 初詣の楽しみは、商店街に多くの露店が出ていて、それを一つ一つ覗いて廻ることです(下の写真)。


Photo: お正月 天神橋筋2丁目

Photo: お正月 天神橋筋2丁目

Photo: お正月 天神橋筋2丁目

Photo: お正月 天神橋筋2丁目

Photo: お正月 天神橋筋2丁目

写真: 2009年初詣、天神橋筋2丁目商店街の様子
撮影日:2009/01/03

 大阪天満宮の境内北側にお稲荷さんが祀ってあり、本社の後ろ側に位置するためお参りする人は少ないのです。わたしは天神さんにお参りをしたら必ずお稲荷さんにもお参りをすることにしているので、この日もお稲荷さんにお参りをしました。

 わたしのお参りする時の心の中のルールを簡単に書くと、

  1. 鈴を強く鳴らす(その日の気分によっては鳴らさないときもある)。
  2. 本殿に向かって左手の柱のところまで移動する。
  3. 二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)。
  4. 自分の名前を述べる。
  5. お礼の言葉を述べる。
  6. 誓いの言葉を述べる。

です。

 きょうお参りする人々の様子を眺めていると、一列に並んで鈴を鳴らす順番待をしていました。不思議な光景でした。---鈴を鳴らすことが本来のことではないのに---

 そして、もっと非合理的だと思ったことは、鈴を鳴らしたあとその場で手を合わせてお願い事をしていたことでした。鈴を鳴らしたら右側か左側に移動すれば、後ろにいる人も直ぐに鈴を鳴らすこともできるのではないでしょうか。

 行列している人達の顔を眺めると、「人がお参りしているから自分も」とか、「人が行列してるから、何か判らんけど自分も並ぶ」程度の人が多すぎるように思いました。意志と意識を感じることができませんでした。

 これ以外にも、わたしが手を合わせて誓いの言葉を述べている時に平気で前を横切る人もいました。---空気を読めない人ですね---

 わたしは、そんな人達に染められないようにしましょう。

| 固定リンク |

  今年は丑年
Date: 2009-01-02 (Fri)

 今年は丑年なので大阪天満宮の牛さんの写真を載せておきます。


Photo: 大阪天満宮の牛さん

写真: 大阪天満宮の牛さん 拡大

 牛さんへ: 今年も良い年でありますようにお守りください。

| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |
全部 | 前のページ | 次のページ