| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2009年05月

全部 | 前のページ | 次のページ


  悩んだ末にペンタックスLXを購入(中古品)
Date: 2009-05-05 (Tue)

PENTAX LX
写真1 PENTAX LX 拡大
 今から約3ヵ月前の2月のことですが、PENTAX LXというカメラの中古品を購入しました(写真1)。このカメラはディジタルではなくフィルム式のカメラです。

 このカメラは2001年に生産を完了しているので、現在市場に流通しているのは中古品しかありません。数年前から中古カメラ店の前を通るときはショーウインドウをチェックしていたのですが、なかなか良い物に出会えませんでした。

 そして、たまたま大阪・梅田の八百富写真機店を訪れたとき、「後期最終モデル、新品同様」と書かれたPENTAX LXが目に飛び見ました。値札に書かれた金額は113,400円でした。ショウーウインドウのガラス越しに見ても確かに新品同様でした。巻き上げレバーやシャッタースピードの設定ダイヤルにも細かな傷がありません。しかし、この値段が・・・。

 一度は店を後にしたのですが、「これを逃したら出会えないかも」と考えて再びお店に戻りました。棚には同じLXが数台置いてあって、他のものは5万〜7万円の値札が付いています。お店の人にお願いして新品同様のLXと5万円と7万円のLXを出してもらいました。実際に比較すると確かに新品同様でした。決断してここで買うべきか、次のチャンスを待つべきか、悩む・悩む。ボディーを手にとって眺め、裏蓋を開けて、シャッターを押して、レンズを取り付けてもらって確認して、バッテリーの蓋の部分を外して液漏れが無いことをチックして・・・。ものすごく悩みました。気がつけば一時間半ほど思案していました。そして、購入することを決断しました。結果的に良い買い物ができたと自己満足しています。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 買うか否か散々迷ったカメラですが、店員さんに「コレ買います」と言ってお金を払うと、それを目の前でプチプチクッションにクルクルっと包んで、端をセロテープで止めて、八百富写真機店と書かれたA4サイズくらいの白いビニール袋に入れて渡されました。思い切り悩んで購入したのですから、もうチョット大げさに梱包して欲しかったです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 買った週の日曜の朝、試し撮りするための準備をしている時にストラップを取り付ける金具が無いことに気づきました。このカメラはPENTAX 6X7などの大型カメラと同様にストラップの取付部の構造が一般のカメラのようにリング状の金具を通す孔が無く、くぎの頭の様な形状になっています。そこに専用の金具を取り付けます。その金具が付いていなかったのです。

 専用の金具がないとストラップを取り付けることができません。ストラップを取り付けなくても撮影はできますが、万一手が滑った時は取り返しがつかない事態になるので恐ろしくで使えません。すぐに金具を手配してもらいました。カメラ本体が生産を完了しているので金具も中古かと思っていましたが、手元に届いた金具はPENTAXのビニール袋に入った新品でした。まだ供給は続けているみいたです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そして、無事取付金具が届いて試し撮りしたのが下の写真2です。誤解があったらいけないので追記しておくと、フィルム式カメラの場合は日本製の一眼レフを用いる限り1万円のものでも30万円のものでも同じです。特に私のようにセコニックの露出計を用いて撮影する場合はほとんど差は出ません。カメラのボディーは単なる箱です。画質の善し悪しや風合いはレンズとフィルムで決まります。

大阪天満宮 骨董市
写真2 大阪天満宮 骨董市 拡大   View On Black
撮影日: 2009/02/15
| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |
全部 | 前のページ | 次のページ