| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2009年06月

全部 | 前のページ | 次のページ


  古いカメラのシャッタースピードを測定
Date: 2009-06-28 (Sun)
  中古カメラを買いました。金弐千円也
Date: 2009-06-21 (Sun)
  パソコンのモニター到着
Date: 2009-06-07 (Sun)
  虹を見ました
Date: 2009-06-05 (Fri)
  PENTAX LXのグリップを手に入れました
Date: 2009-06-01 (Mon)

 


  古いカメラのシャッタースピードを測定
Date: 2009-06-28 (Sun)

 2009/06/21に書いた2000円で手に入れたPENTAX SPというカメラの続きです。予定通りシャッタースピードを測定する装置を作って測定しました。結果は、1/60〜1/1000にかけてカメラ本体の指示値よりも若干遅いスピードしたが実用範囲内であることが判りました。

Photo: シャッタースピード計測装置
写真1 シャッタースピードを計測する装置 拡大
(MELSEC FX2Nの特殊命令、D8099の高速リングカウンタを応用)
撮影日: 2009/06/27

 上の写真1が自作したシャッタースピードを計測する装置です。これは自宅にあった研究用のシーケンサとフォトセンサで作りました。

 ハードウエアの製作時間30分、ソフトウエアの製作時間15分で出来上がりました。0.1mSec単位で計測して、結果はパソコンのディスプレイで確認します。GT1020-LBLなどの小型のタッチパネルに表示させれば完璧ですが、売り物じゃないので今回はGX Developerに表示される値を読み取ることにしました。

 ネガ・フィルムというアナログ的な媒体に光線を当てて感光かせるカメラですから、ダイアルの値からどれだけズレているかを頭の中に入れておけばシャッタースピードを校正しなくても使うことは可能です。しばらくこのカメラを使い込んでからオーバーホールに出すかコレクションの一つとしてストックしておくかを決めたいと思っています。

 シャッタースピードを計測しながらこのカメラが生産されていた頃(約40年前)、メーカーは1/1000秒という値をどのようして測定していたのだろうか?と考えていました。今なら、上の写真の様に合計2万円もかからない設備で正確に測定できますが、40年前は真空管が主流の時代ですからかなり大がかりな設備なったのかな? 仮に半導体だったとしてもTTLを何百個も使った装置とか。

| 固定リンク |

  中古カメラを買いました。金弐千円也
Date: 2009-06-21 (Sun)

 きのう(2009/09/20土曜日)、大阪・船場センタービルへ5本指の靴下を買いに行きました。その帰りに梅田の地下街を歩いているとき、ふと最近見つけた中古カメラ店に訪れてみようと思いました。その中古カメラ店は大阪駅前第三ビルの地下2階にあり、フットショップ イタサカという名のお店です。この辺りは以前からよくウロウロしているのですが、比較的小さな店なので先月まで存在すら気づきませんでした。何気なく陳列ケースを眺めると古いレズが置いてあり、その時初めて中古カメラ店であることが判りました。

 初めてそのお店を見つけたときは、置いてある物を眺めているだけでしたが、中古レンズは他店よりも若干安い物もあります。また、入口近くのワゴンにはビニール袋にくるまれたジャンクカメラがガサっと積み上げられていました。そして、その袋には「シャッター幕破れ」とか「電池蓋開かない」などジャンクの理由を書いたメモ入っていました。

 特別探して求めているカメラは無かったけれど、その積み上げられたジャンクカメラが何となく気になったので立ち寄ることにしたのです。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 そのワゴンでジャンクカメラを一つずつ引っ張り出して眺めているとペンタックスSPOTMATIC(PENTAX SP)というカメラが3台ほどありました。既にSPOTMATIC Fという機種は所有しているのですがSPはそれよりも古く1964年から1973年まで生産されたカメラです。かなり売れたらしく現在でも中古品が豊富に出回っています。それでも程度の良い中古品は1万円から2万円近くします。

 ジャンク品の中から「電池蓋開かない」書かれたPENTAX SPを2台(2000円と3000円のもの)を持ってカウンタのところで封を開けて触らせてもらいました。2台ともちゃんとシャッターは切れていました。内部の状態を確認すると3000円のものはミラーの腐食度合いが進んでいて、ファインダー内にもモルトの粉が入っていました。これはパスです。そして残りの一台。こちらは内部の状態は先の物よりも良さそうでした。試しに持っていた1円玉で電池蓋を開こうとしたのですが固くてダメでした。

 もともとコレクションの一つとして欲しいと思っていて、「あわよくばちゃんと動作すれば・・・」と考えていたので比較的状態が良かった2000円のものを購入することにしました(下の写真1)。

Photo: PENTAX SPOTMATIC
写真1 2000円で購入したPENTAX SP 拡大
撮影日: 2009/06/21

 そしてきょう、手入れをすることにしました。まずは電池蓋です。底板を外して床に置き、大きなドライバーでグイっと回すとあっけなく開きました。電池は入っていましたが液漏れして腐食しているのではなく、湿気による錆びでネジが回らなくなっていたみたいです。清掃して元通りに戻して完了です。この電池は内蔵の露出計を駆動するための物ですが、中古店で見かける品には「メーター不良」というのがよくあります。「電池を入れてもメーターは動かないかも」と思いつつ近所の電気店でLR41という小さな電池を買って入れてみました。するとメーターは動作していました。単体露出計とカメラの露出計を比較してみましたがほぼ一致した値になっていました。

 モルトは腐食しているので手入れは必要そうですが、何となく使えそうな気がしてきました。あとはシャッタースピードが正確かどうかだけです。これに関しては来週にでも簡単な測定回路を作って実測することにします。


 サイト内関連記事【 古いカメラのシャッタースピードを測定 】

| 固定リンク |

  パソコンのモニター到着
Date: 2009-06-07 (Sun)

 2005/05/31(やっとパソコンを発注)の続きです。発注して数日後にまずモニターが届きました。しかし、パソコンは現時点では届いていません。今月(6月)の13日(土)頃になるそうです。

 モニターは最初からメーカー(ナナオ)を決めていたので、チョコチョコっとメーカーのWebサイトで型番を確認し、その評判をインターネットで調べて、つぎにそれが最も安い値段で販売しているところを同じくインターネットで調べて発注しました。購入した型番は下の写真のものです。

Photo
写真1 パソコンの液晶モニターの箱
撮影日: 2009/06/07

 パソコンは色々と調べても同じようなものを何社も販売しているのでどれが良いのか判断がつかず、安易にDellにしました。正直なところ以前の職場でDellの製品を使っていたのですが、かなり個性的な設計であり、あまり関心しなかったのですが深く掘り下げて調べるのが面倒になり簡単にインターネットでカスタマイズした製品を発注できる同社にしました。結構高かったです。

 私が知っている情報では、Dellは青島(チンタオ)に組み立て工場があるそうで、私のオーダーした伝票がインターネットを通じてその工場へ届き、そこでプリントアウトされたオーダーシート(必要なバーツなどが記載された紙)を持って中国の人(二人)が部品棚から出してきてチャッチャと組み立てるとか・・・。オーダーステータスでは現在は輸送中とのこと。

 次はAdobe Photoshop CS4を購入して、それ以外にRawTherapee(これはオープンソース)、Irfanviewをインストールすれば画像処理専用パソコンの完成です。基本的に今回購入したパソコンは写真関連の処理だけにしか用いない予定です。


 サイト内関連記事【 やっとパソコンを発注 】

| 固定リンク |

  虹を見ました
Date: 2009-06-05 (Fri)

 仕事を終えてバイクで駅まで行く途中、大きな虹を見ました。虹を見たのは久しぶりだったのでバイクを止めて撮りまた(写真1)。

Photo: 虹
写真1 大きな虹が出ていました
撮影日: 2009/06/05、兵庫県西宮市 拡大
| 固定リンク |

  PENTAX LXのグリップを手に入れました
Date: 2009-06-01 (Mon)

 4ヵ月ほど前に中古で購入したPENTAX LX[google.co.jp]のグリップをきょう手に入れました。下の写真は、そのグリップ(正式名称はグリップB)をボディーに取り付けたときの状態です。

Photo: PENTAX GRIP-B
写真1 PENTAX LXにグリップを取り付けた状態
撮影日: 200906/01

 LXと言うカメラはフィルムカメラでボディーは中古と言っても10万円以上しました。このカメラを使って写真を撮っている時、ホールドしたときの感じが何となく良くありません。このカメラは既に生産完了機種ですが、このカメラが販売されてた頃はメーカー純正の専用のグリップがありました。多分そのグリップを取り付ければホールド時の安定感は増すと思っていたのですがグリップも生産完了のため新品は手に入らず、中古品を探し求めるしかありません。そして、時々中古カメラ店を覗いていたのですがなかなか売られていませんでした。

 きょう、仕事帰りに大阪・梅田の八百富写真機店(JR大阪駅近くの店)に寄って、ペンタックスの小物関係が納めてあるショーウインドウを眺めていたら探し求めていたグリップがヒョッコリと売られていました。値段は少々高くて消費税込みで4,200円でした。財布の中には5千円札一枚のみ。しかし、迷わず買いました。

 帰宅して早速取り付けてみましたが、なんとなくホールド感が良くなった感じです。次の日曜日はグリップが付いたペンタックスLXで写真を撮りましょう。

| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |
全部 | 前のページ | 次のページ