| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2011年11月

全部 | 前のページ | 次のページ


  大阪市鶴見緑地 花博記念公園で興味を持ったのも
Date: 2011-11-16 (Wed)

 きょう(2011/11/16)の午前中は、大阪市・鶴見緑地の花博記念公園内の建物で産業機械の展示会があったので見に行きました。中規模な展示会でビックリするような展示品はありませんでしたが、公園内には興味深いものがありました。

 展示会は午前10時から始まるのですが、私は8時半に会場のある花博記念公園に着いていました。こんなに早く行った目的は、初めてこの公園へ行くので園内を散策して写真を撮るためです。公園はとても広くて全部は周れなかったけど、ウロウロしてたくさん写真を撮りました。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 公園内を散策していてとても興味深く関心するものがありました。それは、おそらく普段ここを利用している人は気にも留めていないものだと思います。

 それは、池の近くの花桟敷(花さじき)というエリアのベンチの上の屋根でした(写真1)。キノコのような屋根(写真2)ですが、内側を覗くと屋根の曲面もアーチ型の梁もすべて木を曲げて造られていました(写真3)。観察すると集合材を使っているようで、写真のように綺麗に曲げられていることに関心しました。これは花博当時(1990年)から存在したものなのか、最近になって設置されたものなのかはWebを検索しても判りませんでした。

 金属やプラスチックなら比較的簡単に出来るけど、木をこれだけ綺麗に曲げるにはかなりの手間とコストを要したと思います。

Photo: 大阪市鶴見緑地 花博記念公園
写真1 花桟敷というエリアにあるドーム形の傘
撮影日、撮影場所: 2011/11/16、大阪市鶴見緑地 花博記念公園

Photo: 大阪市鶴見緑地 花博記念公園
写真2 傘の部分(外側)
撮影日、撮影場所: 2011/11/16、大阪市鶴見緑地 花博記念公園

Photo: 大阪市鶴見緑地 花博記念公園
写真3 傘の内側 屋根も梁もすべて木で出来ていて、綺麗に曲げられています
撮影日、撮影場所: 2011/11/16、大阪市鶴見緑地 花博記念公園
| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |

全部 | 前のページ | 次のページ