| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2013年01月

全部 | 前のページ | 次のページ


  スキャナーが壊れた。新しく買ったスキャナーは不良返品
Date: 2013-01-13 (Sun)

 フィルム・カメラで撮影した写真のネガやポジ・フィルムをスキャニングしているスキャナーが昨年末(2012/12)に調子が悪くなりました。調子が悪くなったスキャナーはCanonの8800F で、確か2009年頃に2万円弱で買った記憶があります。昨年の6月頃からヘッドが戻るときにキュル・キュルと何かに引っかかっているような音が出るようになりました。しかし、それでも(見た感じでは)ちゃんとスキャニング出来ていました。

 8800Fというスキャナーは35mm判の場合は最大で一度に12コマスキャニングできます。そして、画像の取り込みはSilverfastというソフトを使っています。このソフトで一つのコマを8回、場合によっては16回スキャンします。

●手ブレ写真
 昨年の9月頃にクラシックカメラを手に入れたのでそれを高野山に持って行き試し撮りをしました。そのフィルムをスキャンした写真を見ると12コマのうち3枚程度ブレていました。そのときは、三脚は使っていないけど、この撮影条件では手振れしない自信あるのにおかしいな? クラシックカメラなのでシャッターボタンの押す力が影響しているのかな… 程度に思っていました。

●スキャナー壊れてる
 手振れの症状が現れたのはその時だけで、それ以降2ヵ月程度は普通にスキャニングできていました。そして、11月に入ったころに再び手振れの症状が出てきました。その時点で「なんだかおかしい」と感じるようになり、12月に入ってハーフサイズカメラで撮影した複数のコマがブレ・ブレの状態になり、「スキャナーが壊れてる」と判りました。

 一つのコマを複数回スキャニングした画像を重ね合わせるのでスキャニングの開始点は全て同じである必要があります。ところが、何かの具合で何回目かの開始点がズレるのが原因と思われます。要するに原点出しがうまく出来ていない状態になりました。なお、この不具合は1つのコマを複数回スキャニングする時に生じる不具合で、印刷物などを普通に1回スキャンする場合には不具合は現れません。

●Canon 8800Fにも以前から不満がありました
 この様な状態になる前からスキャナーを買い換えることを考えていました。それは、8800Fは

  • 35mm判の場合一度に12コマしかスキャンできないこと。
  • 4×5判(シノゴ判)に対応していないこと。
  • 画質が良くないこと。

などの不満があったからです(値段相応の仕様なのかも知れませんが)。

●選択肢は無し
 買い換えるにあたって既に判っていたことですが、4×5判(シノゴ判)に対応しているフラット・ヘッドスキャナーは一つしかありません。エプソンのGT-X970です。お正月休みにインターネットでそれを注文しました。2013/01/05に届いたのですが、仕事が忙しかったので開封せずにそのままの状態で、きょう(2013/01/13)に開封してセットアップしました。

●不良返品
 一通り動作確認して「これで安心」と思ってネガを載せるガラスの板(原稿台)を眺めると、中央にポツンと白いホコリのようなものが付いていました。レンズ・クリーニング・ペーパーで拭いたのですが取れません。ガラスの内側(機械側)に付いたゴミでした。トン・トンとスキャナーの淵を軽くたたいてもそのホコリは落ちません。

 これは駄目。フィルムをスキャンしたら確実に像に悪影響が出ます。せっかくセットアップしたのに再び元に戻して返品となりました。

 最近仕事が忙しく、明日の祝日も出勤なのできょうは貴重な日曜日です。きょうは試し撮りしたネガを新しいスキャナでスキャンすることを楽しみにしていたのに残念です。Amazonで購入したのですぐに返品手続きをして、明日(2013/01/14)に郵便屋さんが不具合品を引き取りに来て、同日交換の品物が届くのですが、時間が無いのでセットアップはもう少し先になりそうです。

| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |

全部 | 前のページ | 次のページ