| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2013年09月

全部 | 前のページ | 次のページ


  800円で買ったシャープの電子辞書がとても良い
Date: 2013-09-29 (Sun.)

 きのう(2013/09/28)、久しぶりに訪れた新大阪の中古市のことを書きましたが、とても良いものを買いました。それはシャープの電子辞書です。

 何か面白いものが売られていないかと一軒ずつ見て周り、あるお店の前に行きテーブルを眺めていると鍋や茶碗の隙間に電子辞書が顔を覗かせていました。手にとって電源ボタンを押すと液晶がONしました。画面から広辞苑を選択し、チョコ・チョコとキーを押して文字を入れて『検索/決定』キーを押すとちゃんと結果が現れました。

 画面も綺麗で傷もなかったので買うことにしました。お店のお姉さんに「これは幾らになりますか?」と尋ねると、「1,000円」と答えが返ってきました。そこで、「もうすこし安くなりませんか?」というと、お姉さんは「少しだけなら」と言ったので、こちらから「そしたら800円で」と言って、この値段で決着しました。それが下の写真です。


Photo: Electronic Japanese Dictionary SHARP PW-9100 | 電子辞書

Photo: Electronic Japanese Dictionary SHARP PW-9100 | 電子辞書

写真: 電子辞書 SHARP PW-9100
撮影日: 2013/09/29

 なぜこれを買ったかと言うと、今は3年ほど前に新品で買ったカシオのEX-word XD-D6500を使っています。これには広辞苑、四文字熟語時点、ジーニアス英和辞典など色々な辞書が入っていて、手書き入力が出来るので読みの判らない漢字を調べるのには便利です。百人一首や歳時記なども入っています。

 私が電子辞書を使うのは、仕事でレポートを書くときに正しい言葉で書くためのエビデンスとしてでもありますが、通勤の電車の中で本を読むような感覚で思いついた言葉を辞書で調べたり、俳句の季語や意味を読んだりしています。

 しかし、いま使っているカシオの電子辞書は文庫本位の大きさで角ばっていて重いため鞄に入れて持ち運ぶのに辛いときがあります。特に仕事でノートパソコンも鞄に入れて持ち運ぶときなど。

 そこで、小型のものがあればと思っていた時にこれとめぐり合いました。安くてほとんど新品だからと言う理由で買ったのですが、実際に使ってみると軽くてかさばらず、意外と便利でした。そして、広辞苑もジーニアス英和辞典も四文字熟語辞典や季語の解説なども入っていて実用十分です。色々調査して研究して買ったカシオの電子辞書はいったい何だったのでしょう。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 二つの電子辞書( カシオのEX-word XD-D6500 と SHARPのPW-9100 )を使って判ったことは、電子辞書と言うのは広辞苑が入っていて、和英辞書が入っていて、あとは息抜きになる季語辞典などがあれば十分ということです。手書き入力で判らない漢字を調べることが出来ればなおよし。

 カシオの電子辞書を選んだときは表示される文字が綺麗な方が良いと考えていました。800円で買ったシャープの電子辞書は文字のドットも少々荒いのですが実際に使ってみるとそれが不便だとか、目が疲れるとか、思考の妨げになるとかは全くありません。

 電子辞書の生命は外観や表示される文字の美しさではなく辞書です。電子辞書本体は毎年新しいモデルが発売されますが、肝心の辞書は毎年改定されることはありません。広辞苑[ iwanami.co.jp ]を例にとると、刊行されて50年を超えますが現時点の最新版は第六版です。また、一つ古い版であっても極端に内容が変わることは無いと思います。和英辞典でも同様です。

 だから、頻繁に使う辞書が自分が必要とするものが入っていればそれで十分ということが判りました。

| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |

全部 | 前のページ | 次のページ