| Home | 過去ログ |

もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2013年10月

全部 | 前のページ | 次のページ


  GPSロガーを持って京都・東寺のガラクタ市へ行きました
Date: 2013-10-06 (Sun.)

 きょう(2013/10/06)は、第一日曜日なので京都の東寺でガラクタ市( 骨董市 )へ行きました。

 いつもの様に「これが欲しい」と言う目的はありません。お店を見てまわって、お客さんと店主とのやり取りを横から眺めたり、興味のあるものを手にとって触らせてもらったり、お店の人や私と同じように骨董市に来ている人々とお話することを楽しむのが第一目的です。そして、第二の目的は写真を撮ることです。きょうのガラクタ市は、お店の数は従来と同じでしたが、お客さんの数は先月よりも少ないと感じました。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 写真を撮るとき、NIKONのディジタルカメラには専用のGPSユニットを付けているのでシャッターを切った瞬間の位置情報が画像データの中に記録されるのですが、PENTAXのディジタル・カメラにはGPSユニットを取り付けていないので位置情報を記録できません。フィルム・カメラも当然記録できません。行き当たりバッタリで街を歩きならがパチパチとシャッターを切った場合、ちゃんとした場所が記録されないのでもう一度その場所に行きたいと思っても、地図を見ながら「この道を右に曲がって、少し進んで左に曲がって・・・だからこの辺かな?」と言う程度しか判りません。

 その様なあいまいさを解決する手段としてGPSロガーと言うものが存在することは知っていましたが、欲しい・欲しいと思いつつ2年ほど我慢していました。そして先日、思い切ってTransystem社のTrip Recorder 747ProというGPSロガーを購入しました。まだ使い始めて1週間ですが、割と正確に自分の歩いた軌跡を記録してくれます(このロガーを選んだ理由などは後日書くことにします)。

---------∞☆∞--------------∞☆∞---------

 きょうは、それを持って東寺の骨董市へ出かけました。東寺の境内を歩き回った奇跡や今日撮影した写真を載せておきます。軌跡(下の図の赤いライン)を見ると、かなりウロ・ウロ歩き回っているのが判ります。


GPSロガー 軌跡

図: 京都・東寺 ガラクタ市を歩き回った軌跡(GPSロガーのデータ)
データ取得日: 2013/10/06

Photo: 京都・東寺 ガラクタ市

Photo: 京都・東寺 ガラクタ市

写真: 京都・東寺 ガラクタ市の風景
撮影日: 2013/10/06

| 固定リンク |

| Home | 過去ログ |
全部 | 前のページ | 次のページ