2015-08-03(月)

昔のガラス乾板フィルム

 昨日(2015/08/02)の京都・東寺のがらくた市(骨董市)での収穫は無かったのですが、7月のがらくた市では面白いものを手に入れました。

ガラス乾板

 それは、昔のガラス乾板フィルムです。まだ詳しい調査はできていないのですが戦前(昭和13年頃)に撮影されたものと思われます。

 手に入れた乾板は12枚ほどあり、ひとつの箱に入っていました。一枚ずつスキャナーで取り込んで露出を補正するのが手間なので、もう少し涼しくなってから作業を始めたいと思っています。

 とりあえず、その中の1枚をこのページに載せておくとにします(下の写真)。この画像は、乾板をライト・テーブルに乗せてコンパクトカメラで撮影し、白黒を簡易に反転しただけのものです。

富士山か御嶽山へ登山したときの記念写真


Photo: 古い乾板写真

2015/07の京都・東寺、がらくた市で入手した乾板フィルムの一部
●内容から昭和13年頃、富士山か御嶽山に登ったときの記念撮影と思われます(杖に「馬込」と焼印が押されています)。


 杖に「馬込」と焼印が押されているので富士山か御嶽山へ登山したときの写真だと思われます。写っている岩の形から登山の経験のある方や地質学の知識のある方なら、どこの山か判ると思いますが、私には判断が付きません。

 私がこの写真を見て面白いと感じたのは、写っている3人の服装です。

などです。あと数カ月以内にもっと詳しく調べて、どこかのWebページに公開したいと思っています。