2015-11-30 (月)

美味しい和菓子

 2015/11/28に京都・豊国神社の骨董市へ行ったことを書きましたが、その日は以前から気になっていた和菓子屋で饅頭を買いました。これがとても美味しかったのでここに書くことにします。

「しまだや」という和菓子屋さん

 その和菓子屋は「しまだや」という屋号で塩小路通りにあります。具体的には、JR京都駅から塩小路通りを東に進み、鴨川を渡って30メートルほど進んだ左手にあります。観光客相手の派手な外観ではなく、極々庶民的な店構えです。

 豊国神社の骨董市に通い始めて3年ほと経ちますが、この店の前を通るたびに木箱の中に行儀よく並ぶ饅頭をチラッと横目で見て、気になりつつも通り過ぎていたお店です。私がそのお店の前を通るのはいつも8時前ですから朝早くから営業しているようです。

美味しいにちがいない

 2015/11/28に豊国神社へ行くときもこのお店の前を通りました。店の近くまでくると幅50センチほどの扉から外に向けて勢いよく真っ白の蒸気が出ていました。小豆かもち米を蒸している蒸気です。店から蒸気が出ているということは、店頭の和菓子は仕入れてきたのではなくこの店で作っている証です。これは美味しいにちがいないと思ったので帰に買うことに決めました。

 そして、目に留まった3品を買いました(下の写真)。

Photo: 京都 塩小路通 しまだや 和菓子

和菓子 しまだや 京都市東山区一橋宮ノ内町29
よもぎ、キンカンなど
・撮影日: 2015/11/28

美味しかった

 帰宅して食べたところ非常に美味でした。和菓子ですから当然甘いのですが、その甘さはスッキリとした甘さでした(いつまでも口の中に残るような粘っこい甘さではありません)。特にキンカン餅は、餡で包むように真ん中にキンカンが一つ入っています。そのキンカンの酸味と周囲の甘みとが上手に調和していました。非常に気に入ったので次に豊国神社の骨董市へ行くときは買って帰るつもりです。

 以前にある方のBlogを読んでいたら、京都の和菓子店は観光客相手の豪華な店構えのところよりも地元の人を対象とした店のほうが美味しくて安いと書いてありました。その方のおっしゃる通りでした。

2015-11-28(土)

京都・豊国神社の骨董市へ

 きょう(2015/11/28)は、京都・豊国神社の骨董市へ行きました。JR京都駅には朝7時半頃に着き、そこから徒歩で塩小路通をまっすぐ東へ進み、三十三間堂のところを左手に折れてまっすぐ進み豊国神社へ着きました(いつものコースです)。

 到着した時刻はメモしていなかったのですが、たぶん7時50分頃だと思います。


Photo: 京都・豊国神社

Photo: 京都・豊国神社の骨董市

京都・豊国神社
・撮影日: 2015/11/28 
・撮影場所: 京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530 豊国神社境内
(下側の写真:右下い写っている真空管ラジオは3台ありましたが、すぐに2台が売れました)


いつもながらの風景

 京都の朝は寒いのですが、歩いていると体が温まります。神社に到着すると出店準備が完了している業者さん、これから準備を始める業者さん、ガラクタ商品が入った段ボール箱をに手を突っ込んで宝探ししている客たち、いつもながらの風景でした。


Photo: 京都・豊国神社の骨董市

Photo: 京都・豊国神社の骨董市

京都・豊国神社の骨董市
・撮影日: 2015/11/28 
・撮影場所: 京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530 豊国神社境内
(写っているラジオは、手作り風で大したことなさそうです)


 まだ朝が早いので業者さんも客も限られていますが、昼近くになれば業者さんの数も客も増えるはずです。しかし、面白いものは早い時刻でないと手に入れることができません。

岡本太郎さんの本を買う

 程度の良い真空管ラジオが一台4,000円で売られていたのは興味がありましたが、大きかったので買うのをパスしました。===買っておくべきだったか===

 結局この骨董市で購入したのは岡本太郎さんの本、60円でした(下の写真)。


Photo: 強く生きる言葉 岡本太郎

強く生きる言葉 岡本太郎
・撮影日: 2015/11/28 
・撮影場所: 京都市東山区大和大路通り正面茶屋町530 豊国神社社務所の縁側を借りて撮影


 この本、まだパラパラとしか読んでいないのですが、考え方の原点に復帰させることが書いてあります。そして、岡本太郎さんは

が判ります。

 とても良い本を入手できました。古物商のおじさんありがとうございました。大切に何度も読み返します。

2015-11-26(木)

落語のCDを買う=その2=

 2015/11/17に落語のCDのことを書きましたが、その続きです。

レコード盤を音源として制作されたCDか

 落語のことはよく知らないし、落語家さんのことも全く知らないのですが、聴いてみたところかなり古い内容に思いました。音声レベルも標準的なものがあったり、かなり小さい音があったり、ピークの音が割れているのもあります。そして、プツ・プツとノイズが入っているものがあります。このプツ・プツノイズは傷が入ったレコード盤を音源としているのでしょう。あまり音質は考慮せずに制作されている様にも思いました。

 が、私の場合は音質はそんなに気にはしていないのでこれで満足です。ただ、音声レベルが個々の噺によって異なるので、これは時間があるときにAuditionで編集するつもりです。


Photo: 落語のDC

購入した落語のCD(落語名人寄席)


iPodに入れて聴くのでCDは要らない

 話は前後しますが、この落語のCDはCDプレーヤーで聴くつもりは無く、iPodに入れて通勤途中や寝る前に聴くために購入しました。そのため、すぐに音声データをパソコンに吸い上げてiPodに移しかえました。

オークションでリサイクル

 CDを再生したのはデーターを吸い上げた時の一回だけ、その後はCDとそれを入れていたケースは不要になりました。捨てることも考えましたが、それも勿体無いのでリサイクルに出すことにしました。つまり、オークション(ヤフオク)に出品しました。

 こんなものを出しても買ってくれる人はいないと思っていたのですが、すぐに買い手が現れて千数百円(送料別)で次の持ち主のところへ行きました。購入した金額の1/3程度の値段ですが捨ててしまうよりもずっとましです。

 あとで判ったことですが落語のマニアさんは結構多く、オークションでも活発に売り買いされていました。何も考えずに1,000円スタートで出品期間を3日間と設定したのですが、もう少し高い値段でスタートしても落札した人がいたかもしれません。

CDにはこんな落語が入っていました

 最後にCDに入っていた落語をリストアップしておきます。山ほど入っています。

三遊亭円生 梅若禮三郎 上
三遊亭円生 梅若禮三郎 下
三遊亭円生 乳房榎 上
三遊亭円生 乳房榎 下
三遊亭円生 引越の夢
三遊亭円生 寝床
古今亭志ん生 淀五郎
古今亭志ん生 お化け長屋
古今亭今輔 薮入り
古今亭今輔 表札
雷門助六 長短
雷門助六 代り目
三笑亭夢楽 八五郎の出世
三笑亭夢楽 たが屋
三遊亭右女助 出札口
三遊亭右女助 ユーレイ自動車
春風亭柳好 牛ほめ
春風亭柳好 かぼちゃ屋
三遊亭円遊 堀の内
三遊亭円遊 花見小僧


三遊亭円生 お若伊之助 上
三遊亭円生 お若伊之助 下
古今亭志ん生 井戸の茶碗
古今亭志ん生 稽古屋
三遊亭小円朝 千早振る
三遊亭小円朝 後生鰻
桂信治 豆や
桂信治 かけとり
三遊亭円右 三人吉三
三遊亭円右 クリスマス
三遊亭小円遊 現代艶笑話 1
三遊亭小円遊 現代艶笑話 2
春風亭梅橋 都々逸坊や
春風亭梅橋 英語会話
三遊亭小円馬 花見酒
三遊亭小円馬 つりの酒
三笑亭夢楽 寄合酒
三笑亭夢楽 厄払い
桂小南 いかけや
桂小南 運廻し


三遊亭円生 三十石 上
三遊亭円生 三十石 下
古今亭志し生 大工調 上
古今亭志し生 大工調 下
三遊亭円馬 子別れ
三遊亭円馬 菅原息子
春風亭柳橋 二番煎じ
春風亭柳橋 天災
三遊亭可楽 富久
三遊亭可楽 妾馬
金原亭馬生 がまの油
金原亭馬生 二人ぐせ
桂米丸 宝石病 手料理
桂米丸 狭き門 試着室
三遊亭円楽 あわびのし
三遊亭円楽 大山詣り
桂文治 禁酒番屋
桂文治 やかん
桂歌丸 宿屋の富
桂歌丸 越後屋

 

2015-11-24(火)

骨董市でペン皿を入手 ウランガラスだった

 毎月21日は京都の北野天満宮で骨董市がある日ですが、今回は大阪・四天王寺の骨董市へ行きました。そこでちょっとした掘り出し物が手に入ったので紹介します。

ガラスのペン皿

 いつものように露店を見て廻ると、奥まった場所に出店していた露店にガラス製のペン皿(ペントレー)がありました。ちょっと気になったので手にとって傷や欠けをチェックして一旦はその場を離れたのですが、やっぱり気になったので購入しました。思っていたよりはるかに安い金額でした。そのペン皿が下の写真です。


Photo: ペン皿 ペントレー ウランガラス

Photo: ペン皿 ペントレー ウランガラス

ガラス製のペン皿
下側の写真は裏面の様子
・2015/11/21、大阪・四天王寺の骨董市で入手


プレスガラスの金型を造る職人さんは

 これと同じようなペン皿を東寺の骨董市で見かけたのですが、真ん中付近にヒビが入っていたので買わずにいました。今回入手したものは、ヒビや欠けは無く未使用に近いものでした。このペン皿の底の部分はエンボス加工されていて、きらきらと光が反射して綺麗です。

 これを購入した一番の理由は、この様なエンボス模様を作り出すガラス金型を造る職人さんが日本にはいなくなったので今後は入手するのが難しいと思ったからでした。

ウランガラスだった

 帰宅してから綺麗に拭いて、念のために紫外線をあてると極わずかですが緑色に発光しました。微量のウランが含まれているようです。===ウランガラスだ うれしい!===

 買った時は昭和30~40年頃の品かと思っていましたが、微量にウランが混ざっていることから昭和初期のものと思われます。その頃は、アメリカから輸入したくずガラスを使って造られていました。そこにウランガラスが混ざっていたので紫外線をあてると淡い緑色に発光するのです。===大切に観賞します。お店の方、ありがとう===

2015-11-17(火)

落語のCDを買う=その1=

 残業するときのおやつを会社の近くのコープへ買いに行ったとき、入り口付近でワゴンセールをしていました。眺めていると落語名人寄席というタイトルのCDがありました。それは、一つのケースにCDが10枚入っていて、落語家さんの名前は関東の方の様でした。今まで落語を落ち着いて聴いたことが無かったので3パック買いました(下の写真)。


Photo: 落語のDC

Photo: 落語のDC

落語名人寄席のCD


 まったっく落語について知識がないので買ったCDに入っている落語家さんがいつの時代の人で、有名な話なのかマイナーな話なのかも判りません。これを買った大きな目的は、話を聞いて自分の頭の中で話の内容を描くトレーニング的な事をしてみたかったからでした。

 さっそっく聴いたところ、腹を抱えて笑うような話はほとんどありません。話を聞かせる(話芸)が主体の内容でした。耳で聴いて、頭で情景を空想するのには良い内容でした。

 改めてYoutubeで桂米朝さんの落語を聴いてみると、買ったCD同様に笑わせるよりも聞かせる内容が多いように思いました。 本来、落語というものはそういうものかも知れません。

2015-11-16(月)

東山湯

 きょう(2015/11/15)の続きですが、京都・百万遍 知恩寺の手づくり市を楽しんだあと、京阪電車 出町柳駅へ向かう道に風呂屋(銭湯)がありました。百万遍の交差点から数十メートル西へ進んだところです。


Photo: 京都・百万遍 東山湯

Photo: 京都・百万遍 東山湯

東山湯 (京都市左京区田中門前町27)
・撮影日: 2015/11/15


 京都の風呂屋の多くは井戸水を利用しているのでとてもマイルドなお湯です。長いあだ京都の風呂屋へ訪れていないので入ってみたかったのですが、営業開始時間が午後からだったので今回は見送り、写真だけを撮っておきました(上の写真)。

 骨董市を楽しむために京都へ行くときは朝8時前には目的地に着いて、京都の銭湯が営業を開始する時刻(午後2時とか4時)迄に大阪へ戻っているので時間が合いません。いつか時間を合わせて京都のお風呂に入ることにしましょう。

2015-11-15(日)

京都・百万遍の知恩寺の手づくり市へ

 毎月15日は兵庫県・赤穂の大石神社で骨董市がある日ですが、きょう(215/11/15)は京都・百万遍の知恩寺の手づくり市へ行きました。一度もここの手づくり市へ行ったことがなかったので、どんな様子なのか興味がありました。なお、ここは先日古本市があったお寺です。

京阪特急で出町柳へ

 ほんの少し細かい雨が降っていましたが空も明るいので止むだろうと思ったので出かけることにしました。京阪電車の特急で出町柳駅(終点)で降り、徒歩で10分程度のところに知恩寺があります。京都大学のすぐ傍です。

暖かく春のような気候

 出町柳に付いたのは午前9時前。雨は止んでいました。湿度が高く暖かく、春のような気候でした。


Photo: 京都・百万遍 知恩寺 手づくり市

Photo: 京都・百万遍 知恩寺 手づくり市

京都・百万遍 知恩寺 手づくり市
・撮影日: 2015/11/15


沢山の店と客に驚く

 知恩寺に入ると、境内を埋め尽くすように出品者の縦横3メートル弱のテントが並んでいました。お客も一杯です。私が時々訪れる京都・豊国神社の手づくり市とは規模も客数も全く異なります。===出店数と客の多さには驚きました===

アンティーク品やクラシックカメラは一切なし

 肝心の内容ですが、文字通り『手づくり市』でした。アンティーク品やクラシックカメラなどを扱うお店は一切ありません。手づくりの帽子やマフラー、アクセサリーなどお店ばっかりでした。それと、手づくりのパンや珈琲のお店も多数ありました。オーダー毎に珈琲をネル・ドリップしているお店からはとても良い香りが漂っていました。

 少々期待はずれでしたが、お店を一軒ずつ見て周り楽しい気持ちで手づくり市を後にしました。

 見て廻るのが結構楽しかったので来年の春頃に再び訪れるつもりです。

2015-11-14(土)

生きるとは、周りに苦労と迷惑をかけていることを知ること

生きるとは、周りに苦労と迷惑をかけていることを知ること。
だから、常に感謝の気持ちを忘れてはならない。
それが出来なければこの世から去ればよい。

Photo: 万博記念公園 もう10年以上前のこと。石川県・金沢の街を散策していた時、お寺の門のところに「生きるとは、周りに迷惑をかけていることを知ること」と書いてあったのを今でも覚えています。その頃わたしは、ある事でひどく精神的に疲れていた時期でした。

 今朝色々思うことがあって、改めてその言葉を思い出し、私なりに言葉を付け加えて表現しました。これはある意味、自分に対する戒めです。

2015-11-13(金)

大阪市立東洋陶磁美術館のポスターは見づらいと思う

 地下鉄に乗ったとき出入り口扉横の広告スペースに大阪市立東洋陶磁美術館のポスターが貼ってありました。下の画像がそれです。

Photo:

大阪市立東洋陶磁美術館 新発見の高麗青磁 ポスター

文字が小さくて非常に見づらいと思うのですが

 このポスター、非常に見づらいです。真ん中よりも上側はまだましですが、下側は文字が小さくて線幅の細いフォントを使っていて、おまけに淡い水色の背景に白抜き文字なので離れたところからは何が書いてあるのかさっぱり判りません。

  よくもまあ、お金をかけて、こんなポスターを製作したものだと関心してしまいます。たしか数カ月ほど前の別の展覧会のポスターも同様にちっちゃな文字で書かれていたと記憶しています。

 発注者側(美術館の広報担当)は、試作段階でこれを見て注文を付けなかったのでしょうか、疑問です。

 ポスターの表現方法は別として、展示の内容に興味があるので訪れるつもりです。

2015-11-12(木)

WiMAX 2+ ルーターの設定を変更、通信が途切れるので

 モバイル環境でインターネットに接続するためにUQ WiMAXを使っているのですが、WiMAXからWiMAX 2+に換えてから通信状況が非常に悪くなりました。下の写真が私が使っているWi-Fiルーターです。

Photo: WiMAX 2+ NEC WX01

WiMAX 2+ Speed Wi-Fi NEXT NEC WX01

具体的には

 悪くなった具体的な内容は、

  1. 使う場所によってかなり遅くなる(パソコンでFlickrを開いても写真がなかなか表示されない)。
  2. 通信が途切れる。

この二つで、これらの現象はWimax 2+にしてから起こりだしました。

 Wimaxで高速の通信は望んでいませんが、通信が途切れてしまうのは非常に困ります。それは、容量の大きい写真を複数Flickrにアップロードするときに通信が途切れるためエラーになり何度もRetryすることになるからです。

ルーターの設定を変える

 きのう、Wi-Fiルーターの設定を次のように変更して改善するか試してみました。

  1. 2.4GHz設定: 使用チャンネル オートチャンネルセレクトを外して適当なチャンネルに固定する。
  2. 5GHz設定: 5GHz帯 11ac ともにチェックを外す。

結果

 設定を変更してから途切れる現象は治まっているようです。たぶん、チャンネルを固定したことが効いているのでしょう。もう少し様子を見てみます。

2015-11-11(水)

京都・百万遍知恩寺 古本まつりで買った本

 今月の1日(2015/11/01)に京都・百万遍知恩寺で古本市があったので訪れました。天気も良くて暖かく、とても賑わっていました(下の写真)。


Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

京都 百万遍知恩寺 古本まつり
・撮影日: 2015/11/01


古本を見て廻る

 この古本市では「この本が欲しい」という特別の目的はなく、「カメラ関係の本があれば…」程度でした。特に欲しいと思う本は見つからず、せっかく来たのだからと思って目の前にあった『日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV』を購入しました(下の写真)。

Photo: 日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV 1999年6月25日発行 (株)勁草書房

日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV 1999年6月25日発行 (株)勁草書房
・2015/11/01 京都 百万遍知恩寺 古本市で購入 500円

パッとしない内容

 内容を十分確認しないでパラパラとページをめくった時にライカのレンズの名前があったので「こんどレンズを買うときの参考になるかも知れない」と思って購入たこの本ですが、帰宅してからゆっくりと読みましたが私にはいまひとつの内容でした。

 この方は猫ちゃんが好きなのか? 作例に猫が写った写真が多くありました。しかし、印刷が悪いのか、あるいは、著者の撮影スタイルなのかは判りませんが、薄ぼんやりした眠たい感じの写真ばっかりで眺めていてイライラしました。

 ぼんやりソフトな写真もいいけれど、中にはピシッ・カリッツとした写真もあっても良さそうに思います。つまり、読む人(写真を観る人)を引き付けるには、メリハリが必要だと感じました。

 結果として私には参考にならない本でした。

改善するならば

 私なりにこの本の編集方法を考えてみました。

  1. レンズの評価と作例だけを淡々と記述する。
  2. そして、そこには文学的な表現は一切入れない。
  3. 作例は、情緒的な写真は掲載しない。レンズの性能を知ることができる写真を掲載する。
  4. 最後のページにだけ文学的な表現でまとめた文章を入れてビシッと決める。

このようにすれば、この本に資料的な価値が出てくることでしょう。 ---私の勝手な意見---

2015-11-11(水)

京都・百万遍知恩寺 古本まつりで買った本

 今月の1日(2015/11/01)に京都・百万遍知恩寺で古本市があったので訪れました。この日は天気も良く、とても賑わっていました(下の写真)。


Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

Photo: 京都 百万遍知恩寺 古本まつり|古本市 京都古書研究会

京都 百万遍知恩寺 古本まつり
・撮影日: 2015/11/01


古本を見て廻る

 この古本市では「この本が欲しい」という特別の目的はなく、「カメラ関係の本があれば…」程度でした。特に欲しいと思う本は見つからず、せっかく来たのだからと思って目の前にあった『日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV』を購入しました(下の写真)。

Photo: 日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV 1999年6月25日発行 (株)勁草書房

日沖宗弘著 プロ並みに撮る 写真術IV 1999年6月25日発行 (株)勁草書房
・2015/11/01 京都 百万遍知恩寺 古本市で購入 500円

パッとしない内容

 内容を十分確認しないでパラパラとページをめくった時にライカのレンズの名前があったので「こんどレンズを買うときの参考になるかも知れない」と思って購入たこの本ですが、帰宅してからゆっくりと読みましたが私にはいまひとつの内容でした。

 この方は猫ちゃんが好きなのかな? 作例に猫が写った写真が多くありました。しかし、印刷が悪いのか、あるいは、著者の撮影スタイルなのかは判りませんが、薄ぼんやりした眠たい感じの写真ばっかりで眺めていてイライラしました。

 ぼんやりソフトな写真もいいけれど、中にはピシッ・カリッツとした写真もあっても良さそうに思います。つまり、読む人(写真を観る人)を引き付けるには、メリハリが必要だと感じました。

 結果として私には参考にならない本でした。

改善するならば

 私なりにこの本の編集方法を考えてみました。

  1. レンズの評価と作例だけを淡々と記述する。
  2. そして、文学的表現は不要。
  3. 作例は、情緒的な写真を掲載しない。レンズの性能を知ることができる写真を掲載する。
  4. 最後のページにだけ文学的な表現でまとめた文章を入れる。

このようにすれば、この本に資料的な価値が出てくることでしょう。 ---私の勝手な意見---

2015-11-10(火)

ホームセンターでペットボトル入りのお茶を買う(安売り)

 ホームセンターへ「はぼき(2015/11/08)」を買いに行ったついでに店内をブラブラ見て回ると、缶コーヒーやペットボトル入りの水やお茶が安かったので5本買って帰りました。会社で飲むつもりです。

 買ったのは、あやたか(綾鷹)525ml入りペットボトルです(下の写真)。

Photo: あやたか お茶

自販機との比較

 買った値段は消費税込みで一本82円でした。私の周辺でこのお茶の売値をリストにすると次のとおりです。

結構差額があります。冷えている(暖めてある)、いつでも・どこでも買えるという点では自販機で買うメリットもあるかも知れませんが、68円も差があることが判ると自販機では買えません。

運ぶのは少し重いけど苦にならないので

 勤め先には冷蔵庫もあるし、電子レンジもあるので自販機で買う必要がなくなりました。欠点は自宅から持ち運ぶことですが、5本程度なら苦にもなりません。また、同じホームセンターなら系列店が勤め先の近くにもあるのでスーパーカブで買出しもできそうです。

わたしの結論

は便利だけれど、その便利が高く付く。
ひと手間かけて出費を押さえる。 これで行きましょう。

2015-11-09(月)

大劇映画ビル閉館 兵庫県・姫路市

 大阪・梅田から阪神電車(山陽電車)に乗って姫路駅に行くと、駅に着く直前に左手の窓から巨大なレンガ色をした建物が見えました。壁には「大□映□ビル」と大きく書かれてありました。□の部分は一体なんと読むのか、文字列の成り行きで「大劇映画ビル」と読むのだと想像できます。

 私は映画には興味はありませんが、少し古そうなその建物が気になったので傍まで行ってその姿を撮りました(下の写真)。


Photo: 大劇映画ビル

Photo: 大劇映画ビル

大劇映画ビル (兵庫県姫路市忍町68番地)
・撮影日: 2011/05/12
・カメラ: RICHO GR DIGITAL II


 twitterを眺めていたら何方かが

大劇シネマ本日閉館
『姫路大劇シネマ 最後の感謝祭〜健さん一周忌追悼三本立』 只今、無料開放中!

と、tweetしているのが目に留まりました。映画には興味は無いけれど、少しレトロで大きなレンガ色をした建物には興味があり、閉館してしまえばこの建物はどうなるのだろうか、取り壊されるのだろうか、と気になりました。

 さっそく同館のホームページを見に行くと、以下の告知が掲載されていました。---寂しい---

60年間のご愛顧ありがとうございました。

昭和30年3月 大劇(現シネマ①)としてオープンし、その後 劇場・ボウリング場の増築、さらにカラオケルームへの改装等を経て、地元の皆様の娯楽エリアとなるべく運営し60年が経ちました。 これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。
平素より当館をご利用頂いているお客様には誠に申し訳なく、苦渋の決断ではございますが平成27年11月8日(日)をもちまして大劇会館を閉館させていただく運びとなりました。 映画館とは「喜怒哀楽」を皆様と共有できる素晴らしい場所であり、その事業に携われた事を大変誇りに思い、皆様の思い出の中に少しでも当館が貢献できたなら幸いです。 これまで長きにわたりご愛顧賜りましたことに深く感謝し、心より御礼申し上げます。

大劇シネマ・大劇ボウル従業員一同
http://movie.geocities.jp/daigekikaikan/

平成27年11月8日もちましてすべての上映を終了いたしました。
皆様のご厚情に感謝いたします。
大劇従業員一同
姫路大劇シネマ
〒670-0917
兵庫県姫路市忍町68番地
大劇会館1階
http://movie.geocities.jp/daigekikaikan/01daigeki_cinema/01cinema.htm

 この映画館から少し歩いたところのにあった山陽色素のレンガ造りの建物も解体され、旧姫路モノレールの大将軍駅が入っている建物(高尾アパート)解体され、私が好きな撮影ポイントがまた減りました。

2015-11-08(日)

はぼき

 昨夜から雨が降り、今朝もショボショボ雨が降っていました。天気がよければ早朝からJRで京都の骨董市へ行くのですが、このような天気なので京都へ行くのはあきらめました。

掃除をする日

 少し雨が降っているだけで窓を開けていても寒くは無い気温。こんな日は部屋の掃除をするのが最善と考えました。一通り部屋を掃除したあとでふと思ったことがありました。それは、ビニール・カバーや布の上に溜まったホコリ(綿埃)を簡単に掃除する方法は無いものか、と言うことでした。

 掃除機の吸い込みが強すぎるのでノズルをその上にもって行くと埃よりも先にカバーや布が吸い込まれてしまいます。そこで思い出したのが『はぼき』でした。もう何年も前、盛んにテレビショッピングで宣伝していたのは強く覚えています。この前にホームセンターへ行った時に未だにそれが売られていたのを見て「まだ売ってるわ」と思って眺めていました。

「はぼき」なら良いかも

 「はぼき」なら綺麗に掃除できるかもと思ったので早速雨の中、傘を差して歩いて15分ほどのホームセンターへ行きました。上に書いたホームセンターとは別のお店だったので置いているか判らなかったけど店員さんに尋ねたら棚まで案内してくれました。ありました。早速購入して帰りました(下の写真)。

ほぼ希望通りの商品

 とりあえず試しに使ってみた結果、ほぼ私の希望通りでした。ビニール袋の上に乗った綿埃も埃だけ綺麗に吸い取ってくれました。SDカードやレシートなどが散らかった机の上で使ってもそれらが掃除機に吸い込まれること無く、埃だけう吸い取ることができました。とても良い結果です。

 色々使ってみると良いことばかりではありません。「はぼき」自体が大きいのでその幅よりも狭い隙間には入りません(幅3センチ程度の隙間)。しかし、そこは別のノズルに取り替えて掃除すると割り切ることにしましょう。

Photo: はぼき

エヌケーグループ販売(株) はぼき
・2015/11/08 購入 ・近所のホームセンターで購入 ・1,814円(消費税込み金額)

Amazonのレビューでは

 Amazonでこの商品[amazon.co.jp]のカスタマーレビューを読むと、『良い』と評価している人と、『良くない』と評価している人がハッキリと分かれているように思います。そして、『良くない』と評価している人の中には吸い込みについて不満を持っている人もありました。 おそらくこの商品の開発コンセプトは、綿埃の様な吸い込み量がさほど必要の無い埃をターゲットにしているのだと思います。私には非常に満足の商品でした。

2015-11-06(金)

お客さんからのクレーム

 お客さんが設計した人感スイッチが期待するように動かず苦労していると聞きました。そのスイッチで人が自動販売機の前に来たことを検知し、照明を点灯させたり機械の運転準備をさせたいらしいのですが、人が来ても反応しないときがあるそうです。

客先からクレーム

 私の勤め先ではその自動販売機の筐体の製作と電源(AC100V系)の配線を行っているのですが、「人感スイッチがちゃんと動作しないのは配線が悪いためノイズが出ているから」と実測したデータも示さず根拠の無いクレームが来ました。

 電気は私が責任者です。もともとノイズに関する要求仕様は事前に客先から届いていないし、電源線のルート図も承認済みなのに。いきなりそのような事を言われても・・・。

教科書通りの回答をして納得してもらう

 私としては「事前にノイズ対策について要求仕様を出してなかったあんたの方が悪い」と切って捨てたかったのですが、相手はお客さんです。さしさわりなく「そしたら、AC100Vラインと御社の信号ラインを分離して配線できるようにしましょう」と教科書通りの回答をして納得をしてもらいました。具体的には、お客さんが配線する人感スイッチの電線だけを通すルートを確保しました。

まだ解決していないらしい

 その後の状況をさりげなく確認してみると、まだ不具合が直らず四苦八苦していました。人感スイッチ(センサ)から出ている信号線は、直線距離で約1メートル離れたところのコントローラにつながっていて、コントローラにはCPUボードがあります。

 お客さんの見解では、信号線にノイズが乗って、そのノイズがCPUボードに入り込んで誤動作しているとのこと。それも、全ての販売機が同様に発生するのではなく、固体ごとに発生したり、しなかったりとか。---「CPUボードを見てみたが、信号入力部はフォトカプラで絶縁されてるからその可能性は少ないよ」、「仮にパルス状のノイズが悪さするのだったらソフトウエアで解決できるでしょ」と言いたかったけど黙っておいた---

本当にノイズであれば

 ノイズが原因であればシールド・ケーブルを使って検証してみるべきですが、お客さんは検証していないみたいです。やっている事は、大きなフェライトコアをケーブルに取り付けること。それでも直らないのは人感スイッチごと交換することです。---根本的な解決ではない---

 察するところ、お客さんの設計を担当した人は、原因がわからない誤動作を『ノイズ』と呼んでいるみたいです。

本当の原因は

 この仕事が始まったときから、こまごましたクレームをチク・チク言って来たお客だったので私自身はこのお客さんに対して良い印象を持っていません。だから誤動作の本当の原因を私は掴んでいますが、一切アドバイスしないと決めたので知らんふりを通しています。

 その原因は設計者の横着です。これについては別の機会に書くことにします。

2015-11-05(木)

PICはシーケンサ(PLC)の代わりとしては使えないのか

 先日、PIC(Peripheral Interface Controller)を使ってステッピング・モーターの制御をしたいと思ったのでインターネットで検索をしていました。検索すればモーターの制御以外にPICに関する記事や回路図(接続図)は無数にヒットします。それを丹念に読んでゆくと、結構いい加減な事をさも正しいように書いている人もありました。

 例えばある方は、PICをシーケンサ(PLC)の代わりとしては使えない書いていました。インターフェイス部の電圧レベルの変換による遅延の発生、処理速度による遅延の発生や回路の信頼性の問題があるからだそうです。

 これを書いた人はシーケンス・プログラム設計しているプロの方らしいですが、普段から高級で高速に動作するシステムのプログラミングをしている人かと見受けられます。---あるいは、全く現実を知らない人か---

 おそらくこの方は空想で使える/使えないを書いているのでしょう。制御する対象について設計検討すればPICはPLCの代用として使える/使えないはハッキリします。そして小規模なシステムで、かつ、その中に人間が介在する(人手によってワークを投入あるいは排出する)のであればPICの処理速度は問題にはならないし、回路もちゃんと設計すればノイズや温度や湿度に対しても心配は要りません。適材適所で使えば良いので十羽一からげに「使えない」と断言するのは間違っています。

2015-11-01(日)

残念な協力会社

 勤め先の協力会社の人に図面の製作を頼まれました。図面を描きながら思ったことについて書きます。

図面を描いた経緯

 ある製品を協力会社に生産を委託することになったので作業台が必要となりました。その協力会社(委託先)は鉄工所に作業台の製作を依頼したのですが、依頼の仕方は使っている作業台の写真を撮り、ことばで寸法を伝えただけでした。

 案の定、鉄工所は「こんな説明では製作できないので図面が欲しい」と言ってきたのでした。鉄工所といっても町工場なので融通が利くはず。だから、きっちりした図面でなくてもスケッチあるいは写真に寸法を入れて渡せば十分でしょう。しかし、その協力会社はその程度のことも出来ない会社です。いや、おそらく面倒なので「できない」と言っているのでしょう。

 その結果、付き合いもあることから私がCADで図面を描く事になりました。

情報の出し惜しみ

 図面を描くとなれば相手の希望する寸法情報が必要です。こちらから「ここはどの位の大きさを希望するの?」、「ここの高さは?」、「今使ってる作業台の寸法は?」と尋ねてもポツ・ポツしか言わないのです。こちらから見れば"情報の出し惜しみ"をしているように感じます。---大した情報でもないのに---

 こんな相手とまじめにやり取りするだけ時間の無駄です。不明なところはこちらで決めて、強度計算して、ドラフト版の図面を「これで良いか確認して」と渡し、OKと返事があったので翌日に最終図面を渡しました。

 その完成図を見るなり礼も言わず、「ここは、こんな長い寸法は要らない」と言い出す始末。おまえ、ドラフト版の図面のどこ見てたんやと怒ったろかと思いましたが、アホな奴に怒っても何を怒られてるのかも判らんやろと思ったので「そしたら、その図面をたたき台にしてあとは鉄工所とやり取りしてちょうだい。これで僕の仕事は終わったで」と言って完結させました。

楽をしたい

 ものづくりをしている会社なのに自分で図面を描こうとはしないのは情けないことですが、根底には人に頼んで自分は楽をしたいという思いがあるのでしょう。

 自分で図面を描いた物が出来上がって、それを手にとって良くできた点や反省点をピックアップして、次のものづくりの参考とする姿勢が必要なのですが、楽をしたいという思いが先行している様では進歩は絶対にありません。おそらくこの会社は近い将来消滅することでしょう。