2016-01-17(日)

いつも鞄の中に入れているもの

 きょう(2016/01/17)で阪神淡路大震災が起きてから21年になりました。地震の時も(現在も)大阪市内で暮らしているので大きな被害は無かったのですが、その時の勤務地は兵庫県・塚口でした。勤め先の近くに住んでいた同僚は家が倒壊し、長い間避難所(小学校の体育館)から通勤していました。

 地震の揺れが少なかった大阪でも、あの時の何とも言えない不安感は今になっても忘れることができなくて、夜に辺りが静まり返ると「また大きな地震がくるのではないか」と不安な気持ちになる時があります。


 地震(阪神淡路大震災)以降、いつも鞄の中に入れているものがあります。それは、つぎの3つです。

  1. LEDの懐中電灯
  2. 小型のラジオ
  3. ホイッスル

 何度か買い替えていますが、現在鞄に入れているのは下の写真です。

Photo: いつも鞄の中に入れているもの

・いつも鞄の中に入れているもの

 懐中電灯は、通勤に地下鉄を使い梅田の地下街を歩いているので停電に備えて持ち歩いています。なお、懐中電灯とラジオは電池が入っていますが、電池切れをチェックするため時々使っています。

2016-01-11(月)

外国の方の参拝 大阪・四天王寺にて

 きのう大阪・四天王へ行った時、見慣れないお参りの仕方をされていた方がいらっしゃったので失礼かもしれませんが撮らせてもらいました(下の写真)。

Photo: REALFORCE108UG-HiPro

・撮影: 2016/01/10 ・場所: 大阪四天王寺

 場所は極楽門から直進して西重門手前のお線香を供えるところです。その方は家族で来ておられ、一人ずつ順番に、お線香を挟むように手を合わせ、東西南北それぞれの方向を向いて拝礼していました。

 台湾か中国の方と見え、非常に丁寧に参拝されていました。基本は同じでも国によって参拝の手順が異なることを知りました。もしかしたら、この方の参拝方法が正式であり、我々が勝手に省略してしまったのかも知れません。

2016-01-10(日)

四天王寺、五重塔の相輪を間近で観察

 きょう(2016/01/10)大阪・恵美須町の今宮戎へ行った帰り、思い付きで四天王寺へ行きました。

相輪が展示してあった

 四天王寺の境内を散策していると伽藍(がらん)の入口に五重塔の頂上に取り付けてあった相輪が地上におろされ展示してありました(下の写真)。普段、間近に見ることは絶対にできないものなので興味深く観察して写真も撮らせてもらいました。---四天王寺さん、ありがとうございます---


Photo: 四天王寺 五重塔 相輪

Photo: 四天王寺 五重塔 相輪

Photo: 四天王寺 五重塔 相輪

Photo: 四天王寺 五重塔 相輪

Photo: 四天王寺 五重塔 相輪

大阪・四天王寺 五重塔の相輪
撮影: 2016/01/10
相輪(そうりん)とは:仏塔の最上部の、露盤・九輪(くりん)・水煙(すいえん)・宝珠(ほうじゅ)等で成る装飾物。


搭の耐震補強工事のため

 これが地上で展示してあったのは、これから約3年間かけて搭の耐震補強や再塗装のメンテナンス工事を実施するためです。なお、この相輪は五重塔が再建されたとき(昭和30年代)に制作されたものだと思います。

テーパ状のパイプを芯柱に差し込んであるだけか

 建築構造については全く素人なので空想の域ですが、この相輪だけが綺麗に取り外して地上に置かれているは、芯柱の先端に差し込まれているだけの構造だったからでしょう。

 九輪上端と水煙から上の部分も分離して展示してありましたが、観察する限りボルトやナットで固定はされておらず、これも軸(パイプ)がテーパ状になっていて単に差し込んで固定されていた様に見えました。昭和30年代に作られたものであっても古来の作り方を厳密に引き継いで作られているはずですから、これが相輪をAssy(組み立てる)ときの標準的な工法なのでしょう。

現在の工作機械でも

 軸をテーパにして相手側のテーパ状の穴に差し込むことにより精度よく固定する方法は、現在の工作機械においても切削工具を取り付ける時にも用いられています。その原点が五重塔の工法だったのかも知れません。

 それにしても、これを完全無傷で地上におろす作業はとても緊張する作業だったでしょう。ありがとうございました。

2016-01-04(月)

京都・やしろ湯へ

 きのう(2015/01/03)、京都・東寺のガラクタ市へ行った帰りに寄り道してお風呂屋(銭湯)へ行きました。わざわざ京都のお風呂屋へ行ったのは、久しぶりに京都のお風呂屋を訪たかったからです。

九重湯が廃業してしまって残念な思いをした

 いつ頃から京都のお風呂屋を訪れていないのか調べたところ2010年2月18日が最後でした。このときはJR京都駅近くの九重湯(京都市南区東九条南山王町28)へ行きました。もともとお風呂屋へ行くのが好きだったので会社の研修がこの近くであったのでそれが終わった後に訪れました。

 京都の多くのお風呂屋は地下水を使っているのでお湯がとてもまろやかです。九重湯も気持ちの良いお湯でした。再び九重湯に訪れてみたいと思いながら延び延びになって、訪れてみたら廃業していて非常に残念に思いました。

朝風呂営業している京都のお風呂屋は

 骨董市めぐりをしているので京都へはひと月に2回以上行くのですが、午前中には大阪へ戻っています。お風呂屋さんの多くが営業開始は午後2時や3時からですから、私の行動パターンと合わないため行けない状況が続いていました。

 インターネットで調べると、やしろ湯(京都市右京区太秦森ケ前町19−9)[nifty.com]が土日に朝風呂をしていることが判ったので訪れることにしました。道順は下に載せておきますので参考にしてください。

 午前11時少し前に訪れたでのすが大勢のお客さんでにぎわっでいました。 サウナの後に入る水風呂が広くて深くてとても気持ちの良いお風呂屋でした。ここなら土日は朝風呂営業しているので北野天満宮の骨董市へ行った時に寄り道できそうです。

やしろ湯への道順写真


Photo: やしろ湯(京都市右京区太秦森ケ前町19−9)

 やしろ湯の外観です。フロント(番台)と着替えるところは階段を上がった2階にあり、1階に風呂場があります。


Photo: やしろ湯(京都市右京区太秦森ケ前町19−9)

 京都駅から地下鉄に乗って太秦天神川駅で下車し3番または4番の出口から地上に出ます。上の写真は地上にでたところの交差点です。ここから徒歩でやしろ湯へ向かいます。徒歩6分程度で迷いようの無いルートです。


Photo: やしろ湯(京都市右京区太秦森ケ前町19−9)

 角にお地蔵さんがいらっしゃる道をまっすぐに進みます。


Photo: やしろ湯(京都市右京区太秦森ケ前町19−9)

まっすぐ進みます。向こうに見える三角屋根の白い建物がやしろ湯です。


Photo: 嵐電天神川

帰りは嵐電天神川駅から四条大宮駅まで行き、そこから阪急電車に乗りました。

Photo: 嵐電天神川

Photo: 嵐電

Photo: 嵐電


2016-01-03(日)

ことし最初の骨董市めぐりは京都・東寺のガラクタ市

 きょうは日曜日なので京都・東寺のガラクタ市(骨董市)へ行きました。昨年(2015年)も1月最初の第一日曜日にガラクタ市へ行ったのですが、その時と比べると今年はとても暖かでした。

 時々ここに書いていることですが、私が骨董市へ行くのは雰囲気を楽しむのが第一の目的です。その時に面白いものがあれば予算の範囲内で買う程度です。

お正月なのに電車は空いていた

 きょうは朝6時半に自宅を出発してJR大阪駅へ行きました。そして、大阪駅から京都駅まで新快速に乗りましたが、お正月なのに普段の日曜日よりも空いていました。

 京都駅から徒歩で東寺へ向かい7時半過ぎに到着。境内に入るとこの時刻から商品を並べ始める業者さんも多くありました。

ハクキンカイロ発見

 一通り見て回り、なじみの業者さんに新年の挨拶をし、ウロウロしている時にガラクタが入った箱の中に銀色に鈍く輝いた小判型の物体を発見しました。ハクキンカイロです(下の写真)。これを売っていた業者さんは懐炉には興味がないらしく破格の値で売ってもらいました。

Photo: 小判型のハクキンカイロ

小判型のハクキンカイロ (購入後にお店のテーブルを借りて撮影)

おそらく戦前の品

 現在もハクキンカイロは製造販売されていますが角ばった形をしています。しかし、入手したものは小判型をしているのでおそらく戦前の品だと思います。使われた痕跡はありますが、綺麗な火口も付いていました。そして、大きな凹みや錆もありません。

 こんなに古いものがどのような経路であのお店ににたどり着いたのか空想したり。見て、触って、各部の写真を撮影して楽しみます。十分に楽しんだ後はハクキンカイロのコレクターさんに譲るつもりです。---新年早々貴重なものを手に入れることができました。お店の方ありがとうございました---