2016-01-17(日)

いつも鞄の中に入れているもの

 きょう(2016/01/17)で阪神淡路大震災が起きてから21年になりました。地震の時も(現在も)大阪市内で暮らしているので大きな被害は無かったのですが、その時の勤務地は兵庫県・塚口でした。勤め先の近くに住んでいた同僚は家が倒壊し、長い間避難所(小学校の体育館)から通勤していました。

 地震の揺れが少なかった大阪でも、あの時の何とも言えない不安感は今になっても忘れることができなくて、夜に辺りが静まり返ると「また大きな地震がくるのではないか」と不安な気持ちになる時があります。


 地震(阪神淡路大震災)以降、いつも鞄の中に入れているものがあります。それは、つぎの3つです。

  1. LEDの懐中電灯
  2. 小型のラジオ
  3. ホイッスル

 何度か買い替えていますが、現在鞄に入れているのは下の写真です。

Photo: いつも鞄の中に入れているもの

・いつも鞄の中に入れているもの

 懐中電灯は、通勤に地下鉄を使い梅田の地下街を歩いているので停電に備えて持ち歩いています。なお、懐中電灯とラジオは電池が入っていますが、電池切れをチェックするため時々使っています。